あくあわーく 2巻(完)



あくあわーく 2(BAMBOO COMICS)


魚に愛される体質のナナが水族館スタッフとして働くようになって1年が経ちましたが相変わらずカナヅチは克服できず…それでも持ち前の明るさや周りのスタッフにも支えられて夢海水族館を盛り上げます。バレンタインデーに特製ねりエサのプレゼント、ジンベイザメのエサやり散歩、ドルフィンスイムツアー、ハロウィン祭り、子供限定ダイビングツアーなどイベントが盛り沢山!しかし、カナヅチのナナを始め、苦手が多いスタッフに副館長ヤヨイは弱点を克服できなければクビだという宣告が…果たしてナナ達の運命は!?

ナナの頼れる先輩カヅキの新人時代の話は意外な一面が見れました。今でこそ水族館の花形ダイバーですが当時は人見知りで補欠合格で何とか受かったようです。魚に嫌われる性質ではあったもののスタッフが見逃しそうな魚の不調を見抜いたりと魚への愛を買われます。同期のマイコは元水泳選手ということだけあって有望な新人だったのですが魚嫌いという致命的な弱点もあってカヅキをライバル視するようになるのでした。

鳥類担当のコトリさんは5月のGWイベントが完璧すぎて燃え尽き症候群になってしまいました。いつもの元気はどこへやら、入社当時のクールな感じになってしまったのでナナ達は何とか元に戻そうとします。マミズちゃんが必死にコトリさんの真似をしてペンギンショーをしているのが可愛かったですね。

副館長のヤヨイは何とかリピーターを増やそうとあの手この手とイベントを催して来館客アップを狙います。イルカの触れ合いや水槽内のダイビングなどは面白そうですよね。水中ということでかなり気を遣うことにはなりそうですけど子供達にもいい思い出になりそうです。最終回の苦手克服テストもイベントにしてましたしね(笑)そういえばナナも最初はカナヅチダイバーという触れ込みでショーをやってました。

話としては唐突に終わってしまった感じがありますが別で描いている「漫画アシスタントの日常」に集中するんですかね。水族館という癒しの空間の裏でつらくも楽しいスタッフ達の日常が見れて面白かったのですが…漫画アシスタントも仕事の裏側ですが結構殺伐としてますしね(笑)


 







あくあわーく 2(BAMBOO COMICS)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment