終電ちゃん 1巻




その日最後に運転される電車、終電。それは残業、飲み会、天候不良など様々な理由で遅くに帰る人達の最後の砦です。そんな彼らをぶっきらぼうな物言いながらも心配してしっかりと送り届けてくれる中央線の終電ちゃん。終電に殺到する乗客たちを誘導して乗り遅れないように指示を出します。彼女がいると終電間近の殺伐とした駅のホームがちょっと和やかになる終電物語です。

終電は乗らないに越したことはありませんが終電ちゃんみたいな子がいるならそれもいいかもしれませんね。ただ、終電ちゃんは接続などのため終電は大幅な遅延が平気で起こるのでなるべくなら一本でも早い電車に乗ってもらいたいと思っています。そのため、マスコットのように思われて親しくしてくることを好ましく思っていないのでした。乗客が嫌いと言うわけではなく、責任を持って送り届けるという使命のため乗客とは距離を自ら置いています。時には悩みを解決したり、手助けしたりしてくれることもありますけど。

昔は毎日のように終電だった時もありましたがほとんど乗り継ぎはなかったので山手線との接続で終電がズレるなんて話は初めて聞きました。電車好きならあるあるネタなんでしょうか。そもそも通勤以外の終電に乗るということはあまりないので知らなければそれまでですしね。終電に限らず接続や乗り入れなど初めて乗った電車では分からないことも多いです。最近はすぐに調べられますけどね。

中央線の終電ちゃん以外にも今回は山手線と小田急線も登場します。山手線はゴスロリチックで都内を走っているからか何だか高飛車ですね(笑)一方小田急線は新宿から発車しているものの箱根や江の島まで行っているので何だか穏やかです。2巻以降も別の終電ちゃんが登場するようですね。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment