オールラウンダー廻 19巻(完)



全日本アマチュア修斗男子ライト級決勝戦、幼馴染でライバルでもある僑との対決も決着の時が迫ります。常に自分の前を走っていた僑を相手に力を出し切れていなかった廻は2ラウンド開始直後に奇襲を仕掛けます。虚を突かれて肩を痛めた僑に対して攻勢を仕掛ける廻でしたが…同じ道場で空手をしていた2人が時を経て再び修斗の舞台で再会、スタイルも戦う理由も異なる2人が選んだ道の結果は!総合格闘技にかける青春、完結!

決勝戦自体は意外とあっさり決着がついてしまいましたね。廻の奇襲で形勢不利になったと思われた僑ですが前回同様にやられてからも慌てずに怪我すらも利用して淡々と反撃をしてきました。それでも幼い頃から自分とは違う才能を持った廻と本気で戦ったらどうなるかを密かに思っていた僑は試合中にダウンを奪われたにもかかわらず思わず笑みを浮かべます。以前廻も言ってましたが本当面倒くさい子に育ってしまいましたね(笑)

試合の数日後、廻は僑に格闘技を楽しく続けて普通に生活しながらチャンピオンになると話します。その辺が僑と廻の考え方の違いで僑が受け入れられない所ですが以前勇大が練習に来なくなった時に田宮さんが廻に言っていたようにガチ志向な人よりも楽しんでやっている人の方が長続きするようなのでそこは考え方の違いだと思います。ただ、僑も廻との決着がついたことで多少のわだかまりは解けた気がします。

試合の決着はあっさりでしたがそれはそれでよかったと思います。でもその後のエピソードをもう少しやって欲しかったですね。19巻じゃ中途半端でしたし20巻に届くくらいまでとか…番外編としてファイターズ・ブリューの女子会員、宇田川ユキことガチャ、桃子たちの試合が描かれたり、廻とマキちゃんを巡ってマキちゃんの悪友たちが悪ふざけをするエピソードが描かれますが他のメンバー達もやってほしかったです。勇大たちも途中から存在感が薄くなっちゃいましたよね。桃子とは何となくうまくいっている感じでしたけど。

悪友たちの話は完全に下ネタオンリーで最後の最後に思いっきり自分がやりたいことを描いた感じですね(笑)元々下ネタとか好きそうな感じですし。SF、格闘技ときて次はどんな作品を描くのか楽しみにしてます。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment