ろくがく深海生物部 1巻




深海生物部を新設しようとする天然元気娘の朝陽、男装ボクっ娘の神奈、部長の沙綾でしたが人数を水増ししすぎて受理されず…しかも沙綾が部費を当て込んで買ったBBQセットの借金を返すために高く売れるという深海生物の捕獲に乗り出します。深海生物を巡るドタバタハイテンション学園コメディ、開幕!

見事に目的と手段が逆になってしまってますね(笑)全体的に沙綾が悪いと思いますが。そんなわけでタイトル通りの深海生物部になるまで結構な話数を要しています(笑)人数の問題は新キャラが増えるわけではなく、定置網などもする家庭科部との交換条件により部員を回してもらうことになってようやく部として認められます。一方で定置網で引っかからないウニやサザエを獲ったり、未知の深海魚料理の毒味をさせられたりしますが。家庭科部のお姉さま方に料理される朝陽も見てみたかったですね(笑)

深海魚料理は元の姿が分からなければ美味しくいただけそうですが見た目を残すと非情に複雑な感じになりそうです。実際高級魚として取引されてるものもあるようですけどね。朝陽のペットとして捕獲したメンダコは可愛いのですが実は臭くて不味いとか…(笑)

1巻ラストでは衝撃のオチがつきましたがこれは2巻へ続くのでしょうか。何事もなく普通に始まってるといいですけどね。朝陽が深海の国に行っちゃうとかとんでもない展開になるとも限りません。

ちょっとテンションが高すぎな気がするので個人的にはもう少し抑え目にして欲しいですね。朝陽はあれでいいと思いますが沙綾が悪ノリしすぎて神奈のツッコミも追いつかないですね。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment