機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2話




全4話で構成されるサンダーボルトのアニメ化第2話が配信されました。1話は7巻の特装版に無料視聴のシリアルコードが付いていたのでそれで観ましたが今回はバンダイチャンネルの方からレンタル購入で視聴しました。

前回はどちらかというとイオ中心だった感じですが今回はダリル側を中心に描いてます。ダリルは地球降下作戦で歩兵として派兵されましたがその時に足を失い義足となります。現在カーラ達技術者たちと共にリユース・サイコ・デバイスの試験もしていますがそこでダリルはかつて地球で自由に走り回っていた時を思い出します。

一方イオもムーア首長だった父が開戦時に自殺していた過去が描かれます。ただ、原作以上にガンダムを悪役に描こうとしているためかイオの言動や行動もより過激になってますね(笑)原作ではガンダムに倒されたショーンは消息不明の後に地球でジャンク屋の用心棒をしていたのが外伝で描かれましたがアニメでは…

ガンダムに見つかって全滅寸前となったダリル達スナイパー部隊ですが何とか生きながらえます。しかし、ダリルの左腕を失ってしまいます。さらに追撃部隊に追われリビング・デッド師団も壊滅の危機に晒されます。そこでカーラの助手であるセクストンはリユース・サイコ・デバイスの運用を艦長に進言し、カーラにはダリルの残った右腕も切れと説得します。

原作ではわりとあっさりと場面が移ったダリルの手術シーンですがアニメではその部分を補完している形となっています。艦長も人としてはリユース・サイコ・デバイスの最後の部品が四肢を切断した人間であるということに葛藤があるものの軍人として艦隊の危機を救うためにダリルへ直接伝えに行っている所が描かれます。そしてサイコザクで出撃するダリル!というところで3話に続きます。原作を読み直したらここまでが1巻なんですよね。3話では出撃前のダリルとカーラのやり取りやガンダムとの対決が描かれる感じです。そして4話で決着という流れですかね。2部のアニメ化はなさそうですけどそうなるとクローディアの結末も変わりそうですね。ビアンカの登場はないでしょうか…

旧ザクVSセイバーフィッシュやマゼラン、サラミスの艦隊戦など戦闘シーンも豊富で見どころ満載でしたね。3話は3月に配信ということなので次も楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment