モンスター娘のいる日常 9巻




メロが人魚王国のお姫さまということが判明し、女王から帰国を命じられます。人間と人魚の関係が良好ではないことやスキュラ族のオクトがメロを狙っているという情報があったということですが実は裏があって…出番が少ないディラハンのララがメインの回や「けもも」に掲載されたモン娘のプロトタイプ版も当時と同じカラーで掲載されています。

思えばモン娘の最初の出会いはけももでしたね~ミーア、パピ、セレアの3人がレギュラーである程度キャラも固まってましたがやっぱり今とは若干性格などが違ってますね。あの頃はまさかアニメ化するまで人外萌えが流行るとは思ってませんでした(笑)

メロ以外でも人魚族は悲恋好きで今回の計画も女王が企てたものでした。オクトは噂話の件もあっていい迷惑です(笑)メロは今回の障害を乗り越えて愛人枠から本命候補へと名乗りでます。多少人間社会に適応してきて悲恋好きが薄まったかと思ったら余計タチが悪くなってしまいましたね。

メロがメイン回でしたがミーアやセレアはマッサージの快楽に溺れたり、イソギンチャクやオクトの触手に巻かれたりとサービスシーンでは大活躍でした。でも触手系はちょっと苦手です…ラク姉さんとオクトの触手VS糸対決も見物です。結論としては海のスーが最強ということですが(笑)

溺れかけて呼吸停止になったり、異種族と一緒に暮らしていて生傷が絶えないのにどこも異常がなかったりと頑丈な公人でしたが医者はそんなはずはないと無理やり入院させられてしまいました。病室にミーアやセレア達大型種族は狭いしパピやスーは騒がしいということでララが1人お見舞いに来てくれました。そこでララは余命幾ばくもない病弱な少女ユウヒと出会いますが…

その後、生き生きとした表情で過ごすユウヒの姿が…ゾンビだけど(笑)ゾンビーナさんの歯を使って感染させることで病気で死んだ後も生き返り?ます。おまけ漫画ではゾンビーナさんにゾンビの心得を教えてもらってましたね。ララがこっそりゾンビーナの歯を持ちだしたのですが墨須さんにバレてゾンビーナさん達は謹慎処分となってしまいます。これは次の巻に続くんですかね。謹慎中の日常とか。ララも実は照れ屋でモジモジしたりするのが可愛いですし普段ももっと出番が増えるといいですね。

おまけ漫画では本編でも噂が噂を呼んでオクトの下へ無理難題をお願いする輩が多かったですがそれに興じて相談コーナーを開設します。温泉に誘ってもらえなかったRさんやスタイルがいい周りと比べて貧相な体を気にするMさん、隠す気のない人魚の王女様が登場します。マナコはあれでいいと思いますが別作品のヒトミ先生くらい欲しいところなのかもしれませんね(笑)

そして何と11巻にはOAD付きの特装版も発売されるようです。テレビアニメではできなかった17話のスポーツジム&プール回が収録されるようです。アニメではちょい役だったボルトの登場もありそうですね。ミーア達の競泳水着も楽しみです(笑)2期でなくてもこういう形でアニメも続いてくれると嬉しいですね。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment