はねバド! 7巻




同校対決となった綾乃となぎさのインターハイ予選決勝。互いに1ゲームずつ取って決着の行方は最後の1ゲームに!追いついたなぎさと勝ちを逃した綾乃、精神的にもプレッシャーのかかる第3ゲームでなぎさは勝負に出る一方で綾乃は慎重にゲームを進めます。その判断の差が勝敗を分けますが…互いに一歩も引かない熱闘もついに決着する第7巻!

入部当初のおどおどした綾乃からはだいぶ変わってしまいましたが今回の敗戦でちょっと昔に戻った感じがしましたね。健太郎コーチのつらい時は周りを見てみろというアドバイスにマネージャーとして支えてくれて今も精一杯応援してくれるたエレナ達の顔を見て冷静さを取り戻します。

なぎさは個人戦は優勝したものの膝の具合が悪く団体戦を見送ることにします。そこで中学時代にはバスケをやっていたエレナが選手として登録することを決意するのでした。バスケやバレーに比べるとマイナー競技なバドミントンだと団体戦では往々にしてこういう事もあるようですね。助っ人にシングルスをやってもらったりとか。ただ、エレナもボロ負けする恐怖を覚悟しつつ、相手に対しても失礼のないようにしたいと必死で練習をします。これまではエレナに頼り切りだった綾乃でしたが今はエレナにコツを教えたり、茶化したりとすっかりひとり立ちしましたね。

なぎさの欠場とエレナの選手登録で理子やダブルスの空と悠も団体戦に対して意欲を燃やします。ただ、理子は勝ちたいと思えば思うほどにプレッシャーを感じてしまいそれを綾乃に打ち明けます。綾乃はあっけらかんとコート上なら守ってあげられると言い放ち、1回戦のダブルスをあっさりと勝ってしまうのでした。

順調に勝ち進む北小町に前回優勝校の横浜翔栄高校が立ちふさがります。エースの橋詰英美は綾乃にシングルスで負けたとはいえなぎさでも確実に勝てるとはいえない強敵。試合前に理子に心理戦を仕掛けてきたりと抜け目がありません。これまでのオーダーは的中していた健太郎コーチの策は…団体戦の一つ目の山を迎える所で次巻へ続きます。

橋詰さんも一瞬人の良さそうな女の子でしたが最後のゲスい顔が何とも…(笑)個人戦で綾乃とも戦っていたようですがちょっと印象に残ってないですね。理子が越えなければならない山場の相手となりそうです。

カバー裏では出番のないコニーと唯華の積雪時のエピソードが描かれています。綾乃が覚醒し始めてから絵柄が変わってきてますけどカバー裏くらい砕けていた方がちょうどいいと思うんですけどね~本編はちょっとリアルになりすぎて恐いというか…(笑)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment