牧場OL 1巻




新社会人の野花 南は憧れの食品メーカーに就職。本社は誰もが羨む都心の一等地、恋に仕事に憧れの新生活が始まる予定でしたが…配属先は北海道の畜産牧場!?到着早々牛が突進してきて気絶してしまったり、移動中の牛を驚かせて逃がしてしまったり…慣れない牧場生活に戸惑いつつも同僚たちに助けられながら次第に成長していきます。

新しい事業にいきなり新卒の人間を送り込むというのも大胆ですが人員不足を補うために活きのいい労働力という意味合いもあるんですかね(笑)知識も経験もない南ですが外国人研修生の先輩、スアンさんや牧場の従業員、鹿谷さんらに色々と教わります。とりあえず自動車免許を取った方がいいですね。都内に住んでればいらないと思ったというのはちょっと甘かったようです(笑)

南と同じく本社から来ている糸魚沢は不愛想で南に厳しいですが動物には好かれるようで自然と動物たちが集まってきます。本社では効率性を重視する意見もある中で現場との橋渡しをしています。南も同期から効率について言われた時に卸先のレストランに連れて行ってくれたりと意外な一面を見せたりもします。

近くで牧場を経営している鷲巣さんの娘、ハルカは免許も持っていない南につらく当たります。同年代でしかも都会から来たということもありますが何よりも鹿谷さんのそばにいることが気に入らない様子です(笑)その後は南も扱いに慣れたようでツンケンしながらもイベントで協力してくれたりもします。

あとはやっぱりスアンさんが可愛いですね~育てている牛の顔と名前が一致できるのは社長とスアンさんだけです。ハルカとのトラクターでの牧草刈り入れ対決も完膚無きまでに叩きのめして師匠と呼ばれるまでに(笑)イベントではハルカのメイド服もよかったですがスアンさんのバニーメイドも可愛いです。

畜産ということで育てた牛は出荷されるのが定めですが南が配属された時に担当した小春も素牛として出荷されることに…情が移ってしまった南ですが糸魚沢やハルカのアドバイスもあって現実を受け入れていきます。そして配属された時はまだ暖かかった北海道にも雪が降り始めて2巻へと続きます。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment