ひゃくにちかん‼ 1巻



草食系の今どき高校生・秀人は両親が仕事の都合で海外へ行くため、3ヶ月ほど自由な暮らしができると内心喜んでいました…が家に帰ると知らない少女が!?ちほという名前の少女は秀人の両親と一緒に仕事をしている人の娘で同じく海外に行くために秀人の下へ預けるということになったのでした。幼稚園への送り迎え、料理、洗濯に遊び相手…自由を満喫できるはずが一転して慣れない共同生活へ!園児パワーに戸惑う事も多い秀人ですが次第に距離も近づいて…100日間が長くなるか短くなるか、期間限定の共同生活がスタートします。

まだ未成年の秀人に世話を任せるというのは無謀な気もしますが大人でもなく子供でもない高校生が子供の世話をするというのが見ていて微笑ましいというか自分なりに何とかしようとする姿がいいですね。ちほから見れば高校生は大人に見えるわけで母親のように何でもできる存在だと思っていますが秀人自身はそんな視線が痛いです(笑)途中からは頼りにされつつも舐められてる部分もありますが良く言えば慣れ親しんできたとも言えます。

ちほがうさぎを拾って来てからはさらに苦労が増えて…かと思いきや里親があっさり見つかってイケメン男性が登場して2巻へと続きます。里親が見つかってうさぎを渡さないといけないと伝えると逃げようとうさぎを抱えて逃亡するちほの行動力が凄いですね(笑)

ちほの園児仲間たちも可愛い子たちばかりでお嬢様のかなみはちほと共同生活をする秀人を見定めに家まで押しかけます。秀人の優しさに兄といういよりは異性として好きになってしまった感じですね。素直になれない感じが可愛いです。他にもちほと同じように元気でちょっとおバカなこむぎと不思議な雰囲気のさくらが登場して秀人の家に遊びに来ることも。おままごとで園児パワーに圧倒される秀人でした。

秀人の友人の青木は様子のおかしい秀人に彼女ができたのではないかと疑いますがちほを知ってからはいい遊び相手になってくれます。あっさりとちほと打ち解ける青木を見て秀人は脳の作りが同じだからかと納得します(笑)まぁ、子供目線で遊べるのも大事ですよね。うさぎの世話では青木の実家が動物病院なのでそれなりに知識があるため飼育のアドバイスをしてくれます。最初はチャラい友人かと思いましたが意外としっかりしてる子でしたね。

お隣の兄妹はまだ出番は少ないですが今後増えてきますかね。うさぎのふくめんがイケメンの下へ行くのか、秀人の所で飼うことになるのか…2巻はそんな話になりそうです。ふくめんも一緒にいた方がいいと思うので何とか諦めてもらう方向になって欲しいですね。




 

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment