スクール・アーキテクト 2巻(完)




1巻に登場していたキャラ達が引き続き別の世界で不思議な学園生活を送るかと思ったらそんなことなかったぜ!まったく登場人物が変わっていることに思わず1巻を見返してしまいましたよ(笑)おまけ漫画では1巻のキャラ達も登場してますのでまったく関係ないわけではないのですが話的にはまた違う話となっています。そしてこの巻で終わり…

骨好きな少女、舌にこだわりを持つ少女、腹ペコ少女、凸凹風紀委員コンビなど個性的な少女達が登場して騒がしい学園生活が始まるかと思いきや学校の頂点に立つ生徒会長のキョウ子の企みにより段々と怪しい雰囲気となっていきます。

展開的には1巻と同じで最初は一風変わった生徒達にスポットを当てつつ途中から物語が急展開していきます。壺井さんとか飯口さんの出番をもっと見たかったなぁ…あとまゆ達とか…まゆとこはるは主人公として別に作ってもいいくらいじゃないですかね。

1巻ずつ登場キャラを変えていくスタイルも面白いと思いますがやっぱりキャラが弱くなってしまう気もします。出てくる人達は個性的なキャラが多いとはいえ出番が少ないのが難点でしたかね。アキタランド・ゴシックのように3人+αくらいがよかった気がします。次もまた独特な世界観と可愛くてちょっと歪んだキャラ達の作品を待ってます!
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment