プロフィール

KON

Author:KON
新刊、既刊コミックの紹介や感想を書いてます。特にこだわりなくジャンルは色々読んでいるつもりですが結構偏ってます。最近は漫画が部屋を圧迫しつつあるので若干抑え気味…のはず(笑)

ランキング参加してます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

新刊 PICK UP 2
過去ログ +

2018年 04月 【26件】
2018年 03月 【44件】
2018年 02月 【27件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【44件】
2017年 11月 【37件】
2017年 10月 【38件】
2017年 09月 【35件】
2017年 08月 【36件】
2017年 07月 【35件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【32件】
2017年 04月 【43件】
2017年 03月 【51件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【46件】
2016年 11月 【43件】
2016年 10月 【48件】
2016年 09月 【37件】
2016年 08月 【46件】
2016年 07月 【49件】
2016年 06月 【55件】
2016年 05月 【47件】
2016年 04月 【50件】
2016年 03月 【46件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【48件】
2015年 12月 【54件】
2015年 11月 【45件】
2015年 10月 【46件】
2015年 09月 【38件】
2015年 08月 【51件】
2015年 07月 【52件】
2015年 06月 【49件】
2015年 05月 【40件】
2015年 04月 【41件】
2015年 03月 【60件】
2015年 02月 【33件】
2015年 01月 【39件】
2014年 12月 【41件】
2014年 11月 【36件】
2014年 10月 【43件】
2014年 09月 【45件】
2014年 08月 【28件】
2014年 07月 【50件】
2014年 06月 【35件】
2014年 05月 【26件】
2014年 04月 【37件】
2014年 03月 【44件】
2014年 02月 【34件】
2014年 01月 【24件】
2013年 12月 【36件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【37件】
2013年 09月 【34件】
2013年 08月 【38件】
2013年 07月 【38件】
2013年 06月 【35件】
2013年 05月 【33件】
2013年 04月 【40件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【40件】
2013年 01月 【36件】
2012年 12月 【43件】
2012年 11月 【49件】
2012年 10月 【41件】
2012年 09月 【48件】
2012年 08月 【38件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【37件】
2012年 04月 【38件】
2012年 03月 【43件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【35件】
2011年 12月 【45件】
2011年 11月 【31件】
2011年 10月 【40件】
2011年 09月 【31件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【27件】
2011年 06月 【27件】
2011年 05月 【22件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【21件】
2011年 02月 【15件】
2011年 01月 【23件】
2010年 12月 【20件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【18件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【8件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【8件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【16件】
2009年 04月 【6件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【6件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【6件】
2008年 10月 【1件】

グリモワールの庭 1巻

2016/05/17 22:50:00 | 新刊コミック | コメント:0件


魔法によってすべてが成り立っている世界で魔法を使う資格を得るための学校へ通うアトリ。親への反発から学校へ入学したアトリは没落した貴族の跡取り・レオンと出会います。何かとちょっかいを出してくるレオンや周りの目も気にせず一人で生きるために魔術を学ぶアトリは部屋に戻ると禍々しい雰囲気を出す魔導書を見つけます。破いても燃やしても元に戻ってしまうその本を禁断の魔導書と直感したアトリは校外演習の際に捨てようとしますがペアとなったレオンと共に謎の怪物に襲われます。アトリを庇って息絶えたレオンにアトリは禁断魔法でレオンを蘇生してしまうのですが…禁断の魔法を使った人間は重罪という世界で2人だけの秘密を共有する禁断の物語。

新創刊されたマガジンエッジの単行本第二陣です。試し読みを読んで面白そうだったのですが物語はまだまだ始まったばかりなので今後の展開に期待ですね。作者の方は少年誌は初めてということで女性向けの作品が多いみたいですね。絵の雰囲気やアトリやレオンの仕草を見るとそれっぽい感じを受けますが少年誌ということもありますしほとんど気になりません。絵も綺麗ですし。表紙と裏表紙を合わせるとレオンが壁ドンしている風になってますけど(笑)

アトリは最初はクール風を装っていましたがレオンと秘密を共有してからは彼の考えなしな行動に振り回されっぱなしですね。一応彼なりの考えがあってアトリも後で気づいて納得しますが禁断の魔法で死なない体になっているのに目立つような行動をするレオンに頭を抱えます(笑)レオンの家はアトリの父親のせいで没落してしまったためレオンはアトリにつっかかってきてましたがお互いの事を知って親友となっていきます。さすがにレオンの家に行った時は本名は明かせませんでしたが。

そもそもアトリの部屋に誰が魔導書を置いたのか、なぜ2人を怪物に襲わせたのかなど分からないことも多いのでアトリはその犯人をまず捜そうとします。その前に学校側にバレてしまいますが…以前の生徒で同じように禁断の魔法を使って刑務所に捕まっているという夕紅琥珀という人物を詰問にきた先生は何か知っている感じでしたね。

あとはアトリの過去にも何かありそうです。父親の部下を自分の無力さから殺してしまったという意味深なことを言ってましたがその辺も本編に絡んでくるんでしょうか。レオンも没落した家を建て直すという決意を背負ってますが行動は意外と脳筋ですよね(笑)プラス思考のレオンとマイナス思考のアトリはいいコンビになりそうです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ 


グリモワールの庭(1) (マガジンエッジKC)
はる 桜菜
講談社 (2016-05-17)
売り上げランキング: 42,620

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://e110091c1999.blog.fc2.com/tb.php/22-eb58403a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)