マルスの旅立ち


    

戦いの間の小休止です。戦士にも休息は必要ですね。普段は心優しい王子ですがドルーア帝国の勃興により戦いを余儀なくされます。







守備力の高いアーマーナイト、ジェネラルは魔法や特効武器以外は攻撃はあまり通りません。

ただ、弱点をつけば素早さが低いのでそこまで恐い相手ではありません。大体守りを固めていることが多いので多勢でかかれますし。



マルスのレイピアも特効を持つ武器でナイト系相手に活躍します。この場合は鎧の継ぎ目に刺すということでしょうね。

ピンクのアーマーナイトということはまさかミシェラン!?登場しても即2軍行きとなる事が多いキャラですがファイアーエムブレムとはそういうゲームなのです(笑)逆にそこからそうしたキャラを使う縛りプレイみたいなものが生まれたのかもしれませんね。



襲いかかってきた魔竜にマルスはファルシオンで立ち向かう!

神剣・ファルシオンはドラゴン系に特効をもっています。入手できるのは終盤ですが使い減りしないので遠慮なく使えますね。ビンボー症なので銀の剣などはケチケチ使ってました(笑)


以前ガチャガチャで買ったコモドドラゴンがこんな形で役立つとは思いませんでした。




傭兵の必殺の一撃がマルスを襲う!

巨人すらも屠りそうな傭兵ですね(笑)実際にレベルを上げた主力の傭兵はドラゴンも鉄の剣で倒してしまうくらいに成長するので頼れる仲間です。敵に回すと厄介ですが…





敵ユニットとして登場するキャラが仲間に加わるのもこのゲームの醍醐味ですね。特定の仲間がいないと別の仲間を説得できないなんてこともあるので初見では厳しい部分もあります。








「私はミロア司祭の娘、凛ダといいます。お父様に託されたオーラの魔導書で一緒に戦います!」

リンダは専用魔法のオーラが強力でエクスカリバーを使うマリクと双璧をなす魔道士コンビでしたね。専用魔法や戦闘での専用グラフィックと何かと優遇されていたキャラでした。



傷ついたらライブの杖で回復してもらいます。

セガサターンがちょうど白いローブのような感じでシスターっぽいですね。

FC版は杖をいくら使っても経験値が入りませんでしたがSFC版から回復させれば経験値が入るようになったのでシスターのレベルが上げやすくなりました。

FC版では攻撃を受けないと(避けても可)経験値が入らないマゾ仕様でしたけど(笑)


             
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment