ばけもの町のヒトビト 4巻(完)




人と夭が共存する町、さざなみ町。人間不信を克服するためにこの町へやってきた半妖のしずくも少しずつこの町に馴染んでいきます。そんな時、ふとしずくは考えます。人間不信が治ったその後は…と。そしてしずくの悩みとは別にさざなみ町が存続の危機に!?その窮地を救うためにいつもはグータラな美礼さんが人肌脱いで人間と夭の町おこし!人間と夭のほのぼの日常ライフ最終巻です。

窮地とは言ってもすぐに消えるというわけではなくて将来的に危ないかもという話で物珍しさに訪れる人達をもっと呼び込めるようなイベントをしようという事を町内会議で話し合います。他にはない夭の食べ物なり品物なりも展示するためその橋渡しとして向こうの知り合いも多い美礼さんに白羽の矢が立ちます。酒も飲めるということでいつになくやる気ですね。

良太郎の事が好きな紺といつも一緒にいるみちると忠子は風邪で寝込んでしまった紺の代わりにしずくを誘いますが彼女も用事があるので偶然居合わせた良太郎が一緒に行くことになりました。当然後で紺は怒りますけど(笑)

剛石さんのお店でアルバイトをするしずくは接客をすることで人にも慣れてきます。しずく目当てのお客さんも来ているということでお店的にもいい看板娘となってくれました。今回のチャイナ服も可愛かったですね。良太郎がお店に来たので恥ずかしくていつもの服にしちゃいましたけど。良太郎に対するしずくの態度に気が気でない常連さん達でした(笑)剛石さんもしずくの雨水で作ったコーヒーを新メニューに加えようとしたりあらぬ方向へ向かおうとしてます。そこは奥さんの香織さんがいるので大丈夫ですかね。

町おこしは盛況でほのぼのいつも通りで終わります。しずくと良太郎の仲も少し前進してましたかね。それだけにもう少し続きを見たかったのですが残念です。しずくと良太郎の恋模様や乙花や雪野の活躍ももっと見たかったですね~今回の甚八学長が生徒に切れるのを我慢している様子なんかが面白かったので学校でのエピソードももっと見たかったです。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment