めぐらば 2巻(完)




エレベーターとエスカレーターの妖精の抗争に巻き込まれたミドリ達。地下界に落ちて数日が経ち現実逃避し始めるミドリに対してエスカレーター側について状況を打開しようとするシホ。血で血を洗う仁義なき戦いが始まる…かも?埼玉県行田市で繰り広げられる女子高生ハイテンションコメディ最終巻!

喫茶店の店長の可愛い素顔やボディができたオテテが登場したばかりというのに終わってしまうのは寂しいですね。1巻同様、2巻の裏表紙にも書いてあるように人を選ぶ漫画だったということでしょうか…確かに毎回突拍子もないことが起きたりしますが大体最後はちゃんと着地していたと思うんですけどね。

モドキが入っていたプレゼントの箱はどこから出てきたかと思いましたが1巻で店長からもらってましたね。その後忘れてましたがようやく開けたら…コピー生物モドキちゃんが入っていたということでした。シホの肩幅が広いがために宇宙人の嫁候補になったり、授業中居眠りをしていたらシホの見る夢の世界へと入り込んでしまったりと相変わらず不思議な出来事が起こりますがミドリ達は意外とマイペースです。最終話は若干ホラーでしたね。ああいうのはちょっと苦手です。1巻の予告にもあった2巻表紙の怪獣は特に出番なく終わってしまいましたね(笑)

絵もギャグも好きだったのでまた別の新作に出会えるのを待ってます。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment