カガクチョップ 3巻



カガクチョップ 3(メテオCOMICS)

役に立ちそうで立たない…どころか周りにも被害を及ぼすことも多い発明品ばかりを作るマッドサイエンティストな科学部部長の沙衣、彼女の暴走を止めるために科学部でもないのに毎日部室に入り浸る蓮、いつも実験台となって一番被害を被っている部員の盛本さんの3人が巻き起こすブラック実験科学コメディ、第3巻!

今回も沙衣の発明で蓮と盛本さんが切断されたり、刺されたり、炎上したり…女子高生が3人もいるのにまったくときめかない!(笑)でもよく切れる包丁を使う盛本さんが蓮に褒められて赤くなっていたのは可愛かったですね。毎回と言っていいほど被害に遭うのに躊躇なく実験台に名乗りでるちょっとおバカな盛本さんが不憫可愛いです。サンプリングした対象の色を反映させるカラーチェンジャーという発明でいつもの茶髪から黒髪になったのも新鮮でした。黒光りするほどのキレイな黒の対象物は…聞かない方がよかったですね(笑)

忍者スーツで炎上しながら分身して最後は変わり身(変わってない)の術オチが個人的には一番の笑いどころでした。沙衣と盛本さんが忍者スーツを試そうとして一度は断った蓮ですが仲間はずれになる気がして結局着てしまったりと蓮も可愛い所がありますよね(笑)まぁ、気を付ければ事故が起きない時も蓮のせいで盛本さんに被害が行くこともしばしばなのですが…今回は料理ができるようになるエプロンに釣られたりと蓮が得意なものって何なんでしょう(笑)まぁ、彼女が引っかからないと沙衣もつまらないでしょうけど。

そして2巻に登場した人工サンタが改良されて帰ってきます。以前は眠っていないと眠らせようと襲ってくる仕様?でしたが今回はちゃんとその点は改良されています。自ら作りだしたプレゼント(酸性)を受け取らないと暴れますけど(笑)盛本さんが従妹とクリスマスパーティをするために作ったものですがこんなのが来たらトラウマ確実ですね。盛本さんの小さい従妹の話題が2回ほど出てましたがキャラとして登場したりはしないのでしょうか。そういえば部室内の話がほとんどですから多少は学校の外での話も見てみたいですね。さすがの沙衣も小さな子供を実験台にはしないと信じたいです(笑)

今回も相変わらずのブラックなネタで毎回爆発したり血まみれになったり…みたいな感じです(笑)手品で消されてしまった盛本さんやチョココブラに噛まれた沙衣などのその後が気になりますが次の回にはケロッとしてますから大丈夫なんですよね。特に盛本さんはよく生きてるなと思います。沙衣の発明で復活させた何人目の蓮と盛本さんなのかもわかりませんが…(笑)

来月にはキルミーベイベーの新刊も発売されますのでそちらも楽しみです。


 







 カガクチョップ 3(メテオCOMICS)


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment