漫画アシスタントの日常 1巻




「女子力向上カツドウキロク」などの大塚志郎先生最新作!雑誌への投稿で賞を取り、担当は付いてるものの連載はない新人漫画家の五百住 志歩。自分の原稿を描く一方でフリーのアシスタントとして数々の漫画制作現場を渡り歩きます。そこで遭遇する様々な修羅場…アシスタントに要求される技術や心構え、職場での処世術など実体験を元に漫画制作現場の光と影を描きます。※作者の独断と偏見に基づくものなので全ての現場に当てはまるものではありません

もともとは同人誌で描かれたプロトタイプを月刊キスカで連載しているようです。タイトルには1巻と付けましたが現物には巻数表記がなかったのでこの巻で終了かと思ったら2巻に続くようなのでよかったです。キャラ設定は「びわっこ自転車旅行記」 と同じで3姉妹の次女・シホが主人公となってます。姉と妹もちょこっと登場してますね。

中堅漫画家ゆえに陥りやすい締切間近の修羅場、アシを奴隷のように使うアシ経験のない新人漫画家、大物漫画家のアシスタントを経て(解雇)他の漫画家のチーフアシスタントをしている輩がいる職場での弊害、身内を使っている職場の実情…などこれまであった漫画家漫画の中でもよりリアルな闇の部分が描かれます(笑)もちろん悪い面ばかりではないと思いますが…

そんな中で出会った後輩アシスタントの大抜さんとのリフレッシュデートはいい清涼剤でした(笑)アシ技術は上でも女子力ではまったく歯が立たずに終始手玉に取られてしまいます。それも実体験に勝る経験はないと漫画に反映させるシホも貪欲ですけど。

行く場所全てが劣悪な環境というわけではなくよく手伝いに行く漫画家さんとは良好な関係のようです。その最初の出会いがプロトタイプ版として掲載されてます。とはいえやはり仕事中はピリピリしたりして対応が難しいですが先生の方も新しく来たシホを試す意味でわざとやっている感じもありましたね。

2巻ではかつての先輩でありライバルであるショーコのアシスタントをする話も見たいですね。連載決定祝いにアシスタント券(有料)をあげてましたからいずれ実現するでしょう。その時はぜひ大抜さんも加えて欲しいですね(笑)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment