少年ラケット 5巻

81b5trQCkeL.jpg

イチローが卓球部に入部して初の他校との練習試合、対する相手は地区のライバルでありイロモノ揃いの桃田西中学!S1で勝利を収めつつあるエースのヒロ、S2では桃田西のエース、ハリーと対戦する轟木が前陣速攻型へと進化を遂げて見事勝利を掴みます。2勝してこのまま行けるかと思いきや…!?そしてイチローのデビュー戦の相手は西部劇かぶれのビリー!果たして団体戦の勝敗の行方は…

2巻以降表紙に出れなくてなげくイチローでしたが今回はビリーのバックルに写っているので一応2回目ということで満足気です(笑)大きさではヨルくんの2回とはだいぶ違う気がしますが…

轟木とハリーの対戦はもう一波乱ありそうな感じでしたがそこまではこじれませんでしたね。ハリーも粘りを見せますがボクシングで鍛えた轟木の集中力が勝負を決めます。ヒロの対戦相手は初心者だったため実力者にわざと当てた感じのオーダーでしたが無難に勝ちを拾います。これで2勝となってあと一つ勝てば勝利が決まりますがダブルス、S3のキャプテンが破れて勝敗の行方はS4のイチローに委ねられます。

ホームズを擁するダブルスの対戦は負けてしまうのはともかくS3のキャプテンも負けてしまいます。相手は1年生で唯一何にもかぶれていない大和でしたが実はかなりの実力者だったのでした。クセモノ揃いのメンバーの中でまともな存在かと思いましたがイチロー達がヨルゲンの名前を出した途端に表情が変わります。小学生時代に負けた悔しさもありますがそれ以上に幼馴染で好きな女の子が紫王館でヨルゲンと一緒に卓球をやっているのに嫉妬しているのでした(笑)それはともかく大和、ビリーもエースのハリーと同等の実力をつけてきてチームとしてもレベルアップしています。

いよいよイチローの出番となりますが試合前にホームズがトイレで口にした言葉が頭に残り試合に集中できません。中学生が世界の舞台に立つ現在の卓球界、一番伸びると言われる小学校高学年の3年の半分を無駄にしたイチローにホームズはその時に必死に努力して上のレベルを目指しているヨルゲンと見ている世界が違うと言われてしまいます。これから努力してもヨルゲンには届かない…そんな言葉が頭に残ったままで精彩を欠くイチローに声をかけたのは他ならない対戦相手のビリーでした。

ビリーは見た目や卓球スタイルを見ると飄々としたイメージですが意外と熱い男ですね。轟木とはまた違った速攻型にイチローは幻惑されて1セット目を落とします。しかし、やられながらも突破口を見つけたイチローはカーブドライブで左右に振る作戦で反撃に出ます。2セット目は同点に追いついてこのままあと2点取れるか!という所で次巻へ続きます。

試合中でも成長し続けるイチローに追い詰められるビリーですがこのまま終わるとも思えませんしもう一波乱ありそうですね。とか言ってたハリーはそのまま負けましたけど(笑)一応主人公のイチローとの対戦ですしきっとまだ山場がありますよね。お人好しと言ってもいいくらいイチローにアドバイスをしてくれたビリーは今後もいいライバルで登場して欲しいです。そしてホームズにはぜひ吠え面をかいてもらいたい(笑)コロコロとした絵柄とは裏腹に熱いセリフや試合展開が燃えますね。



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment