モンスター娘のいる日常 10巻

71I94MqvtWL.jpg

今回は人外特殊部隊MONの面々がメイン!前回、公人とララが病室で死を迎えようとしていたユウヒにゾンビーナの歯を持ちだして感染させてゾンビとして生きながらえた?ことが問題となってゾンビーナ達は謹慎処分を言い渡されます。実際は形だけの処分だったのですが平身低頭の公人にゾンビーナ、ドッペル、ティオ、マナコにそれぞれ1日付き合うことになります。カラーページには謹慎中のメンバーにドッペルが寝起きドッキリも掲載されている大台の10巻!

ゾンビーナとの1日では同じアンデット系のキョンシー、シィシィが登場します。何かと密入国し、冥婚という風習を悪用をして押しかけ国際結婚を持ちかけてきます。それを阻止していくうちに同族という親近感もあって正反対の立場なのに仲がいいというややこしい間柄です。それ以外にも共通の趣味があるようですが…(笑)こいつら腐ってやがる…!ゾンビーナも腐女子だったのは意外ですね。すぐバラバラになる体を怖がらずに縫合してくれる公人にドキッとする乙女な部分もありますけど。

ドッペルとはイタズラに付き合うことになりますがイタズラされる対象の1人にラクネラに調教されたリリスがいました。ドッペルは悪さをしている人外たちをこらしめてます。悪人ならイタズラしても文句を言われないという理由でしたけど。常にドッペルは裸に近いですが最後では服を着ている姿も見れます。今後はちゃんと服を着るようになるんですかね。

ティオとは森でのピクニックです。そこでは違法にゴミ捨てる輩によって弱っているドリアードのキーとそれを掃除しようとするボルトと出会います。ティオはオーガですが優しくおっとりとした性格で膝枕をしてもらう公人はその包容力でダメになってしまいそうになります(笑)問題児だらけのMONが上手くまとまっているのはティオの包容力のおかげではと公人は思います。ボルトはともかく気難しいキーまで懐いてしまいましたしね。

マナコは単眼ということで周りの視線が気になることが悩みで公人と一緒にお面を被ってお祭りに行くことにします。確かにいきなり出会ったら恐いかもしれませんが人間の同僚のように慣れればそうでもありませんよね。実は意外と人気なマナコでした。大体人外がたくさんいるご時世なら単眼くらどうということはないですよね。

今回はMONメンバーとの絡みだったのでいつものメンバーはミーアが少し登場しただけでまったく出番がありません(笑)リリスの時に出たラクネアはドッペルの変身ですよね?人外でも分け隔てなく優しい公人にMONのメンバーも魅かれちゃってます。カバー裏マンガでは公人と結婚するのもありだと墨須さんから聞かされてドギマギしてしまう面々でした。墨須さん的にはあの7人の対応がしんどいという理由もありますけど(笑)謹慎が明けるのはまだ先でしたが墨須さんの命によって職場復帰することに。何やら危険な他種族が入国したという情報が入ったようですが…というところで11巻に続きます。話の流れ的にはMONメンバーの話が続きそうですけどさすがに次巻はミーア達も出ますよね。

そして11巻はOAD付き特装版も出ます!アニメでは放送されなかった17話の水着回が収録されているようです。これは肌色満載な映像になりそうですね(笑)

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村


  
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment