ラーメン大好き小泉さん 4巻

91XUbRZhNkL.jpg

ラーメンに青春を捧げる女子高生の小泉さんはラーメンがある所にどこでも参上します。正統派も変わりダネも、大盛りでもインスタントでも、時間に追われていても深夜のSAであっても…小泉さんのラーメン欲に完食はありません。深夜に読んだら誘惑に駆られる事必須の第4巻!

トマトラーメンはよく行くラーメン屋にあるのでそこではいつも注文してます。トマトの酸っぱさが意外とクセになるんですよね。効用は分かりませんが何となく疲れに効いてる気がします(笑)小泉さんが食べながらモノローグで語っている時はついに悠に対してデレ期が来たかと思ったら勝手に隣で言っていただけでしたね。

潤に誘われて中華料理屋に悠、美沙と共に行った時にはジャンボ餃子のサイズに驚きましたがそれ以上に小泉さんの無限の胃袋に驚きました。しかもそれを自覚してないという…(笑)大食い大会に出たらという悠たちの言葉にもそんなに大食漢じゃないとそっけないです。ジャンボ餃子はよくテレビで見かけるやつですかね。1人当たり25個分くらいというなら食べれそうな気もしますがさすがにそれ+ラーメン数杯は無理です(笑)

SAにある深夜限定ラーメンを食べるためにヒッチハイクで目的地へ向かう小泉さん。そこは保護者深夜にラーメンを食べようとして思い悩むドライバーさんに「ラーメンは食べたい時が一番食べ時」と格言を残します。その後の事は自己責任ということで…でもたまには深夜にラーメンを食べたくなりますよね。

最近は立ち食いラーメンもあるようです。立ち食いソバでラーメンもメニューに加わっているのは見たことがあるんですが中々駅内だと食べる機会がないんですよね。電車が来たら乗っちゃいますし。小泉さんは空腹が抑えがたく目的地へ向かう途中で立ち食いラーメンを食べます。その後にまだ間に合ったので目的のラーメン屋にも行きますけど(笑)

小泉さんが好きすぎてラーメンになりたいとまで言い出す悠ですが小泉さんに精神的に近づくために彼女になりきって行動しようと考えます。予想通り上手くはいきませんがラーメン巡りをしていれば小泉さんと遭遇する確率は高まりそうですね。しかし、つけ麺はラーメンじゃないという悠の発言にいつになく反応して悠に壁ドンをする小泉さん…という所で次巻へ続きます。

5巻ではラーメンとは何ぞや?みたいな話になるんですかね。つけ麺がラーメンじゃなかったら油そばも違うと思いますしやはりラーメンという分類でいいと思いますけど。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村


 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment