機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY イベント上映

SN3L2473.jpg

Blu-ray、DVDの販売に先駆けて2週間限定の劇場上映に行ってきました。画像は入場者特典でもらえるコマフィルムセットです。最近はこういうのが定番になってきましたね。土日に行けば複製原画やコミック原画も先着でもらえるようです。
元々は有料配信で全4話でしたがそれに新作カットを加えたディレクターズカット版となっています。全4話で1話約20分弱のものをまとめているので繋がりなどは特に違和感なく見れましたね。新作カットはイオとダリルの決着後、彼らの戦いは終わってもア・バオア・クーの最終決戦はまだ続く形で少し描かれていました。

新作カットの内容なので一応反転しときます。「ビリーの姿は見えませんでしたがサイコミュ高機動試験用ザクも登場してましたね。セバスチャンの姿はなかったように思えましたがサービスとして出した感じでしょうか。セイラさんではない無名パイロットのGアーマーが登場して撃墜されるも中からジムが出てきてMAモードになって戦うシーンも(笑)漫画でもありましたがジオングの2号機以降も控えていたという描写もありました。もう少し早ければジオング部隊で形勢逆転…は無理ですよね。連邦の攻撃によりロックが外れて脱出するイオやコーネリアス達も描かれます。

考えてみればアニメの話は単行本3巻まで(戦後を含めれば4巻)までなんですよね。そうなると地上編のアニメ化は厳しそうです。8巻までダリルの搭乗機はアッガイですし(笑)クローディアの生死その後は描かれてませんしね。ついでに脱出したジオンの科学者も。あれは脱出したポッドが撃ち落とされていたシーンがありましたがそういうことなんでしょうか。

1話分が少し物足りないというか、あっという間に終わってしまってたいのでこういう形で一気に見ると満足感がありますね。各話に必ず戦闘シーンなどの見どころがあるのでダレませんし。7月末に発売されるBlu-rayでまた見直したいと思います。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


  
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment