幸子に幸あれ 3巻(完)

61ye0SrHM8L.jpg

家が超貧乏&不幸体質で名は体を表してない幸子。道を歩けば車に轢かれ、プールに入れば溺れ、3度のキス経験は人工呼吸…そんな不幸に見舞われながらもポジティブに生きてきた幸子についに幸運がおとずれる!?不憫可愛い、時々ブラックな幸子のギャグ4コマ、最終巻!
表紙では見事大吉を掴み取る幸子ですが連載は終わってしまうという最後までついてない幸子でした(笑)最終巻ではありますが新キャラも登場します。何不自由なく育ったために不幸なヒロインに憧れる転校生のお嬢様・大乃雅です。色々と不幸ぶってみても本物の不幸娘、幸子の前ではレベルが違いました。ちょっといいとこのお嬢様である乙女ちゃんもいましたし今更感があったからか数回の登場に留まりましたね。

今回はつくし採りで石部の柚垣さん、一日一善を試みるポジティ部の活動に不良の不破さんが登場しますがもう少し彼女達の出番も見たかったですね。ポジティ部の森川さんは携帯電話やバレンタインなど結構出てきますけど。

1巻の頃は重いセリフを軽く言ってるのが切なくなったりしましたが段々と明るい方にシフトしていった感じがします。貧乏なのは変わらないですしたまにブラックなギャグも言ったりしますけど幸子の腹黒さの方が際立ってたように思えます。乙女ちゃんという存在も意外といい影響だったのかもしれませんね(金ヅル的な意味も含めて)

1巻を見返してみると結構絵柄が変わっていて可愛くなっていたのに気づきました。正直2巻で終わってしまうのではという不安もあったのですが何とか3巻までは続いてくれました。また新作を期待してます!今度は4コマ以外も読みたいですね。でもカバー裏の次回作はノーサンキューです(笑)

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ  
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment