セントールの悩み 13巻

51bsKl-pCLL.jpg

オカルト科学部から民族学部へと名称を変更した姫たち。特に部活らしいことはしてませんがそちらの方が校内での通りがいいと新入生の鴉羽から提案されたため正式に会議で決を採ります。父親に対しての真奈美の言葉が心をエグる御魂家回、希と羌子の中学時代のエピソードが語られるお勉強回、章を女の子らしく変身させるコーデ回など人外娘たちののんびりした日常を描きつつ、身近にある非日常や世界の不穏な情勢なども姫たちの日常と関係ないようで意外と関係していて同時進行で描かれます。
紫乃や三つ子達は小学生になったのでだいぶ大きくなりましたね。三つ子は相変わらずですが紫乃は同級生と比べるとかなり大人っぽくて可愛いです。姫からは可愛いじゃなくて美人だねと言われますが大きくなって抱っこできないかもと言ったらダイエットすると泣きそうになったりと姫ねーたんの前ではまだまだ子供みたいです(笑)末ちゃんも三つ子が入る前では末っ子ですが幼稚園では大人しいものの芯はしっかりしてましたね。真奈美のような完璧超人になってしまうのでしょうか(笑)

姫たちに隠れてあまり登場しない満津代と犬養さんのカップルですが今回はオカルト科学部改め民族学部に変更するにあたって部長として参加します。でもその裏では満津代の家でのお家騒動の話があったりと相変わらず一筋縄でいかぬまったりさです(笑)

さらに姫の後輩で名士の家である綾香は謎の集団に襲われるなど姫以外の人達は結構普通じゃない女子高生ばかりですね。綾香は満津代が襲われた時も密かにカバンから銃を取りだそうとしてましたし常に誰かに狙われる想定をしているみたいです。襲われた時に一緒にいた鴉羽はそんな凛々しい綾香に惚れてしまったようですね。真奈美に憧れているはずの鴉羽ですが綾香の指摘も浮気性だから大丈夫と意にも介しません(笑)これは新たな百合カップル誕生の予感ですね。

あとがき漫画ではコスプレをする姫たちが描かれます。魔法少女になる姫ですがつるペタ少女キャラのため顔はいいのですが顔から下はお水臭い感じだと満津代からダメ出しされます。羌子は化粧などでだいぶ化けましたね。いつも棒目ですが開くと印象が違います。

そして今回99話までが掲載されてますが次巻の100話は何とCOMICリュウ史上初の100話到達のようです。記念すべき100話は温泉回ということなので14巻も楽しみですね(笑)巻数でいえば「ねこむすめ道草日記」がすでに14巻にいってますがセントールの悩みは短編があったりする分回が多くなったということでしょうか。「モンスター娘のいる日常」も10巻超えましたし今後も100話超えする長期連載が増えていくといいですね。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ  
にほんブログ村


セントールの悩み 13 (リュウコミックス)
村山慶
徳間書店 (2016-07-13)
売り上げランキング: 366
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment