のーぷろぶれむ家族 2巻(完)

51KCAJ98rwL.jpg

小説家の父親・まさとと彼が妻だと思い込んでいる人形のサラを両親に持つ中学1年生の心。そんな家庭環境を学校では知られないようにしているため友達はいません。しかし、まさとのファンで家に招くことになった水島くんは人形を見ても心の事を理解してくれます。自分を受け入れてくれた水島くんですが彼にも家庭の事情があって…複雑な家庭環境を持つ思春期の少女の恋と成長物語、完結!
クラスメートにもお母さんの存在がバレてしまって予想通りいじめへと発展してしまいました。カナは心が水島くんとの事がきっかけで変わっていくのが気に食わなくて仲間はずれなどにしていましたが母親については周りに言いふらしたりはしてないんですよね。それよりも最初は同情している風だった持田さんが水島くん絡みで心を追い込んでいくのがいかにも女子のイジメという感じです。

物言わぬ人形を母親としなくてはいけない家庭を必死で受け入れようとする心と両親が離婚しようとするのを何とか止めようとする水島くん。気持ちがすれ違ってしまった事もありましたが水島くんに思いの丈を打ち明けてからは少し距離が縮まります。それを見た持田さんがカナもドン引く提案をするわけですが…。

何かと世話を焼いてくれる女医の二ツ木さんは出番は少ないながら見せ場がありましたが小春ちゃんは出ずじまいでしたね。人形である母親は扱いが難しいというのもありますがどちらかというと心と水島くんの恋と成長を描くのが中心になっていった感じです。それでも彼女達を結ぶきっかけにはなりましたが。ラストで水島くんに告白する心は本当可愛くて水島くんがつい抱きしめてしまう気持ちも分かります(笑)転校する水島くんに手紙でもいいから繋がっていたいと決死の覚悟で告白する心ですが当の水島くんは毎日会いに行くつもりだったとか意外と心にベタ惚れだったようです。

まさとが何で人形を奥さんにしたとか前の奥さんの事など触れられてない部分もありますが心と水島くんの恋愛がメインなら特に問題ないですかね。あとがき漫画では恋をして綺麗になった心も描かれます。お父さんの監視に気づいて手を握れない水島くんが初々しくていいですね(笑)二ツ木先生のまさとへの気持ちも明らかになりますがその気持ちは報われることがあるのでしょうか…

中盤でのいじめ展開は予想してたとはいえやっぱり見ていて辛い部分がもあります。でも最終的には母親の事も乗り越えてみんなとも普通に話すようになりますし水島くんとも結ばれて安心しました。何も言わない心の母親は今後も2人を見守ってくれるでしょう。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ  
にほんブログ村


のーぷろぶれむ家族(2)<完> (ヤンマガKCスペシャル)
麦盛 なぎ
講談社 (2016-07-20)
売り上げランキング: 4,353
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment