小百合さんの妹は天使 4巻(完)

8181bwA8guL.jpg

美琴をモデルにしたいというカメラマンの草薙さんが現れて1人の時間が増える小百合。過剰なまでにスキンシップをされていた日々が当たり前の日常となっていた小百合は美琴の事を思うと心がモヤモヤします。ある日、草薙さんから話があるとマンションへ招かれる小百合でしたが…小百合と美琴の心の距離は徐々に近づいていきますが美琴の様子がおかしいのとこれまでの生活で何か違和感を感じる小百合、そして美琴は突然姿を消してしまいます。果たして彼女の行方は…

「おねえちゃん、もし私がいなくなっても、私のこと忘れないでね」

美琴が天使な理由も明かされる最終巻!

草薙さんの目的は美琴ではなくて小百合の方でした。小百合の高校時代の同級生で目立たない存在だった草薙さんは同じように孤立しつつも毅然と自分を持っていた小百合の姿に憧れます。自分を受け入れてくれるのは小百合しかいないと病的な想いを抱いてマンションに招いてその本心を明かします。すんでのところで美琴が現れて事なきを得ますが天使な美琴が悪魔の形相でした(笑)

おまけページに「小百合さんの妹は天使 悪魔」バージョンもありましたが小悪魔な美琴もいいですね。小百合の誤魔化しも通じず行為に及ぼうとするので話がすぐに終わってしまいそうですけど。

天使の輪と羽は小百合と男鹿くんにしか見えてないので忘れがちですがそもそもなぜ天使の姿なのかという事が明らかになります。美琴が姿を消した後は小百合と男鹿くん以外の人はなぜか美琴の存在を誰も覚えていません。姫子も同じ学校でしたが覚えていなくて名前を聞いた時に病弱で学校を休みがちだったことを思い出します。2巻でそんな話をしていましたね。

天使という設定は別にして地味な姉とヤンデレ気味の妹の姉妹百合が楽しめました。高校時代はかなりとんがっていた小百合でしたが自立してからは結構丸くなってますよね。店長や男鹿くんからは見た目だけでない可愛さを言われていましたし。美琴の登場で笑顔も増えて振り回されながらも少しずつ美琴を受け入れていくのがいいですね。気持ちが通じ合ったところで最終回へと向かって行ったのでその後が見れないのが残念です。もう少しその後の百合百合した部分も見たかったですね(笑)そこは別で連載している「月が綺麗ですね」で楽しみたいと思います。そういえば1巻のラストで千里の妹が来るというラストで続いたのですがまさか美琴のようなキャラではないですよね…(笑)


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ  
にほんブログ村


小百合さんの妹は天使 (4) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
伊藤ハチ
KADOKAWA/メディアファクトリー (2016-07-23)
売り上げランキング: 405
 
月が綺麗ですね1 (百合姫コミックス)
伊藤 ハチ
一迅社 (2016-04-18)
売り上げランキング: 10,781
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment