あやかしこ 2巻

81YlXP49R7L.jpg

東京・浅草にある妖たちが住まう共同住宅、通称あやかし荘。そこで暮らす真帆路は祖母から家を受け継いで高校生ながら管理人として貧乏ながらも妖たちに囲まれて賑やかに過ごしています。ある日、学校についてきてしまった妖たちと話しているところを転入生の高梨エミに見られてしまいますが彼女は妖と仲良くなりたいとグイグイ真帆路に近づいてきます。これまで妖が視えることで周りと距離を置いていた真帆路の日常に変化が訪れる…!?

新キャラのエミはドイツ人のハーフですが日本生まれの大阪育ちなので関西弁で話します。真帆路ほどではないですが霊感があるので妖たちをボヤ~っとしか見えてませんでしたが玖雨孤が真帆路の力を使って見える方法を教えてくれます。おみやげに自作の河童のミイラを持ってきたりと変わった女の子ですが明るくて人懐っこいキャラですね。学校ではクールを装う真帆路も彼女と友達になって真帆路やクラスメートの雰囲気も少しずつ変わっていきそうです。

真帆路にはないコミュ力であっという間に妖たちと馴染むエミですが猫又のネネだけはちょっと不満げです。最初にエミが現れた時はギクシャクしていた真帆路が仲良く話しているのを見ると友達ができてうれしいと思う反面モヤモヤとした気持ちが生まれます。遅くまで出かけていたネネを心配して探す真帆路はネネを大事な家族の一人と言ってくれてモヤモヤは収まります。エミも一緒に探してくれて遅くなったので泊まっていくことになって仲良さげなのを見るとまたモヤモヤしだしますけど(笑)ネネもあやかし荘の中では新参者なんですけどね。玖雨孤たちは妖として長いですから特に気にしてなさそうです。

日曜日の真帆路はイキイキとしてますね。掃除、洗濯、ご飯の支度などで一日が終わりますがとても満足気です(笑)きぃの世話をする姿はまさしくオカンでいいお嫁さんになりそうです。翌日の学校へ行く姿は初対面だったエミの事もあってかなり憂鬱そうですけど。今後は学校へ行くのも楽しくなっていくといいですね。

妖の新キャラも登場します。エミに浅草を案内していた時にちょっと外れた場所の稲荷神社を訪れます。そこに祀られている双子の稲荷姉妹クキ、アキはいつもいないのですが途中で買ったメロンパンで釣ったら見事現れます。玖雨孤をニート狐と敵対視していますがまた登場して欲しいですね。

これまでは真帆路に妖たちが外についていくと独り言を言っているように周りから見えますがエミと一緒にいることで会話をしていても自然に見えるというメリットに気づきます(笑)あまり外に出れない妖たちにとってもエミの登場は有難いようです。それは別にしてもこれまで妖が視えることで周りと疎遠になっていた真帆路の良き理解者としていい友人になってくれそうです。

そういえばヒジキ先生は「ひもうと!うまるちゃんS」も描いているんですよね。まだ単行本の予定はないみたいですがいつかなる日を楽しみにしています。


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ  
にほんブログ村


あやかしこ (2) (MFコミックス アライブシリーズ)
ヒジキ
KADOKAWA/メディアファクトリー (2016-07-23)
売り上げランキング: 337
 
リコとハルと温泉とイルカ 1 (電撃コミックス)
ヒジキ
アスキー・メディアワークス (2011-11-26)
売り上げランキング: 49,341
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment