機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part2

8187ManMkyL.jpg

前作から3年半の時を経て、ガンダムUCのMS設定資料集part2が発売です。今回はテレビシリーズで再放送してはいますが話としては完結しているので最終話までのMSや派生作品に登場するMSなども掲載されています。

part1でトップを飾ったのはスタークジェガンですが今回もまたスタークジェガンです(笑)逆シャアやF91ではやられ役だったジェガンもUCではやられることが多いですが見せ場も多いですよね。アニメで登場したエコーズ仕様のジェガンやゼネラルレビルカラー、シャイアン基地カラーなども登場して色々なジェガンを見る事ができます。イマイチ印象が薄いジムⅢなどにもスポットが当たっているのがまたいいんですよね。

MS戦として見どころの一つ、トリントン基地の攻防に登場するMSも以前紹介されていたと思いましたがジュアッグやゾゴックなどがいました。前回は詳しくは載ってなかったんでしたっけ。今回初めて映像化されたMSや映像化されていてもイマイチ活躍の場が少なかったり、影が薄かったMSもUCで再登場することで脚光を浴びる事ができました。一部のMS紹介の最後に作中で登場したMSに乗っていたであろう名も無きパイロット達の述懐が書いてあるのがいいですね。平穏に慣れた連邦の兵に対する練度の低さにため息を漏らしたり、旧型のMSでもその執念の違いを死に際に悟ったりと劇中では少しの登場でもドラマを感じます。

ジェスタの紹介もありますがアニメでのジェスタの活躍が少ないのはちょっと残念でしたよね~(笑)原作ではトライスターもコロニーレーザーに耐えるためにバナージ達を手伝ったり、シナンジュと会敵して戦ったりするんですけどアニメではラーカイラムと共にシャイアン基地へ行ってしまいます。新型のZプラスやグスタフ・カールを倒す活躍は見せますしワッツも死なないのでいいんですけどね。

ガンダムエースに連載しているラスト・サンやゲームに登場するデルタカイ、3号機のフェネクスなども掲載されていました。表紙に登場しているガンダムは何だ?と思ったんですけどこの作品に出ているんですね。正直この辺の作品は分からないのですがナイトロを搭載したプロトタイプZZも登場するようです(笑)もう色々やりすぎなような…

最終話でも主にZZに登場するネオジオンのMSが登場したのでその紹介もあったのですがチラっとしか映らなかったギガンはないようです。まぁ、活躍らしい部分もありませんでしたしね。そういえば以前模型誌を読んでいたら同じくチラッとしか出てなかったネモⅢを雑誌上で作ってました(笑)

テレビシリーズの方はバナージ達が再び宇宙へ戻って来ました。ゼネラルレビル部隊との戦いは5話のラストと6話の最初がかぶる形になっているのですが上手い事CMを使って処理してましたね。あとは6話のラストが主題歌にかぶせてエンドロールになってたんですけどそこはどうするんでしょう。それは次の次くらいでしょうか。


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ  
にほんブログ村


機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part2 (カドカワコミックス・エース)
関西 リョウジ
KADOKAWA/角川書店 (2016-07-21)
売り上げランキング: 923
 
機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ (1) (カドカワコミックス・エース)
関西 リョウジ
角川書店(角川グループパブリッシング) (2013-03-08)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment