かんなぎ 11巻 特装版

81hihAmIEBL.jpg

この少女はざんげちゃん…?仁の事を想うと穢れが現れるようになってしまったナギ。仁との距離を置くためにとりあえずざんげちゃんこと白亜の家に身を寄せます。神であるために仁とは別れて穢れを祓う決意をするナギにざんげちゃんも協力しますが…一方神薙町では大祓祭復活の準備に追われていますが空には大量の蟲が発生していて…穢れを一掃するための大祓(ライブ)が始まる!?

表紙を見た時に一瞬絵柄が変わったのか、別人がざんげちゃんの真似をしているのかと思いましたがその正体は本編のラストで明かされます。考えてみればナギとは姉妹ですし普段のざんげちゃんは白亜の体なので元の姿ではないんですよね。でも回想では白亜の姿だったような…

ナギとざんげちゃんは昔のような姉妹仲に戻ったように思えましたがざんげちゃんとしては神としてしっかりしていた頃のナギが好きで仁や他の人間たちと交わる今の状態は良しとしてないようですね。そこでこのまま穢れを一掃して神としてのナギを盛り立てて仁たちと関わらないように画策しようとします。

白亜は仁への想いは叶わなかったものの両想いであるはずの仁とナギが別れなければいけないことを知るとアンナと広美に相談します。自分の気持ちを吐き出して思いの丈をぶちまけるといつのまにかざんげちゃんの声は聞こえなくなって憑依体質が治ってます。ざんげちゃんに人格が替わられることはなくなったものの大祓祭でライブをする予定のざんげちゃんはいなくなってしまいます。そこで仁や祥峰が取った方法とは…ナギを顕現した時の再現!?

白亜が一生懸命頑張る姿が可愛いですね~広美ではないですが仁も見る目がありませんね。白亜は仁は悪くないと怒りますけど(笑)相変わらず仁は鈍チンぶりを発揮して素直に白亜の憑依体質が治ったことを喜びますが白亜も仁に喜んでもらって満足なようです。ざんげちゃん(白亜)の聖水ぶっかけサービスは笑えました。

そしてこれまでナギの正体などを知っても何かと理解が早かった紫乃と貴子の秘密が明らかになります。何と紫乃も影で魔法少女紫乃として穢れを祓っていたのでした。貴子は紫乃に助けられてその正体を知ってからは彼女に協力します。この特装版に付属している小冊子では世間的にはコスプレにしか見えない格好で戦うのをどう誤魔化すかという問題点についての解決策が描かれています(笑)これまで常に半目だった紫乃の目が開いて何だか全然違うキャラみたいですね。でも可愛いです。

ナギの時と同じように顕現したざんげちゃんを白亜の機転で2代目ざんげちゃんとして紹介してライブを続けようとします。しかし、ざんげちゃん本体は超音痴だったことが判明して観客の心が一つにならず…という所で次巻へ続きます。

何とかんなぎも10周年とのことでした。途中から読み始めたのでまだそんな気がしませんがアニメ化してからも結構経ちますしね。本編はクライマックスへと向かってきましたし体に気をつけて大団円へと向かって行って欲しいです。


にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ  
にほんブログ村


かんなぎ (11) 特装版 (REXコミックス)
武梨 えり
一迅社 (2016-07-27)
売り上げランキング: 161
  
かんなぎ 11 (REX COMICS)
かんなぎ 11 (REX COMICS)
posted with amazlet at 16.07.27
武梨えり
一迅社 (2016-07-27)
売り上げランキング: 209
  
かんぱち 10 (IDコミックス REXコミックス)
結城心一 武梨えり
一迅社 (2016-07-27)
売り上げランキング: 939
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment