7月人気記事ランキング総評

7月からアクセスランキングの集計を始めてみて1ヶ月経ちました。トップページにも表示されていますがコミックの発売が少な くてネタがない い月初めにその総評というか改めて記事を見直してみようと思います。

1位 立花館To Lie あんぐる 3巻

27908788_1.jpg 


やはりエロは強いということでしょうか(笑)百合漫画なのですが主人公がラッキースケベ連発なハーレム漫画の要素が強いですね。

2位 剣光妃 日ノ国大帝國軍くれない一騎当千隊 2巻(完)

510XtwZevlL.jpg 

物語が本題に入る前に尻切れとんぼで終わってしまいました。単行本が出て一応完結したとはいえちょっと納得のいかない終わり方でしたね。それが話題になったのかもしれません。


3位 超人間要塞ヒロシ戦記 1巻

51T0QWVIJLL.jpg 

普通に恋する女の子の行動がある国家を揺るがす大事件へと発展していく超小規模バトル・サーガです。平穏な日常の裏で国家滅亡の危機と戦う小さな国民たちというギャップが笑えます。








と、こんな感じになりました。

実はベスト10の大半の記事はアキバblogさんが紹介する新刊の記事内で感想を書いているブログとして紹介していただいた時のものなんですよね。もちろん他から訪問していただく事もあると思いますがリンク元ではアキバblogさんからのものが圧倒的に多かったです。

しかし、その中でまったくノーマーク?ながらベスト10入りしている作品があるのでそれをピックアップしたいと思います。

まずは2位の「剣光妃~」の最終巻です。実は1巻発売時はアキバblogさんでも紹介されていたんですよね。2巻からどういう展開になっていくのかという期待とは裏腹に打ち切り臭漂う終わり方に…その終わり方が話題になったのでしょうか検索キーワードで打ち切りなどで検索されていることが多かったですね。悪い意味で注目を浴びてしまったようです。

もう一つは8位の「のーぷろぶれむ家族」の最終巻です。こちらは個人的に1巻から注目していたのですが1巻の記事を旧ブログで書いた時はそれほど反響がなかったと思います。2巻も上位の記事の中では爆発的に伸びたというわけではないのですが地味にアクセス数が伸びていってランクインしているいう感じです。前述したように注目していた作品なので興味を持って検索して辿りついた先がここだったら嬉しいですね。イジメについても作中にあったのでその辺から引っかかったというのもあるかも…同日に紹介した「宇宙のプロフィル」もオススメなのですがこちらは意外と伸びませんでした…(笑)順位でいえば13位ですがアクセス数はのーぷろぶれむ家族の半分くらいです。

10位の「かんなぎ 11巻 特装版」はアキバblogさんのコラムで紹介されてはいたんですが新刊記事としては掲載されていないのでそこからきたわけではないと思います。やはり特装版の内容がどんなものなのかというのが知りたかったりするんですかね。特装版でもCDドラマ付きなどだと若干割高になるので避けてしまうのですが小冊子程度なら多少の金額アップ程度なのでつい特装版の方を買ってしまいますね。DVD付き限定版ならDVDを買うと割り切って買えるんですけど(笑)

ちょっと実験的にやってみましたが8月も引き続き集計するのでまた来月にでも発表したいと思います。あまりランキングが変わってなかったらどうしよう…(笑)


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment