実は私は 18巻

51ahuoLZm1L.jpg

藍澤さんに母星帰還命令!?地球に残るか、母星に戻るか選択を迫られる藍澤さんの前に現れた人物は…10年後の自分!?果たして彼女の目的とは…白神さんが蚊になるギャグラブコメもありつつシリアス展開な藍沢渚編もスタートする18巻!
前半は久々の朝陽と白神さんのイチャイチャや岡に振られて落ち込んでいるように見えた鳴を励まそうとする桃地と水奈川さんのボケまくり展開などがありますが後半からは藍澤さんメインの話となります。

白神さんは相変わらず朝陽の血を吸いたい衝動に駆られます。茜からは吸血は性行為と同等と教わるものの華恋さんからは今は誓いの言葉程度の行為と訂正されて多少気持ちが軽くなった白神さんですが誓いの言葉もそんなに気軽に言うものではないと気づきます(笑)そんなわけで朝陽の家で勉強会をしますが何とか血を吸いたいことを朝陽にアピールするのですがそれがとんでもない事態に…
蚊に血を吸われることでも浮気を疑われてしまうなんて吸血鬼も大変ですね(笑)

そんなギャグがありつつも藍澤さん編ではシリアスな展開となります。といっても随所にギャグは挟んでますけど。以前藍澤さんやみかんに未来について話していた箱女の正体が明らかになります。茜は前校長の白雪という人物と勘違いして襲い掛かりますが人違いでした(笑)ということは茜と因縁のある人の話も今後ありそうですね。

藍澤さんの前に現れたのは10年後の未来から来た自分と名乗る藍澤さんそっくりな人物でした。母星からは地球との交流作戦の隊長に任命され帰還命令が出されますが帰還か残るか悩んでいたため藍澤さんは彼女から未来の自分について聞きだそうとします。葛藤の末、母星と地球の橋渡しをする役割を選んだ藍澤さんは朝陽に最後のお別れをしようとしますがそこへ未来の藍澤さんが現れて…

未来の藍澤さんなのは間違いないのですが少し未来の自分=ドッペルゲンガーの藍澤さんでした。そしてドッペルゲンガーを見た者の末路はというと…彼女の目的は過去を変えようと今の藍澤さんを消して自分がなり替わろうというものでした。その本性を表した顔は本気で恐かったですね。ちょうどページをめくった所に現れるのでビビりました(笑)白神さんの血の味に目覚めた時とかたまにこういうゾッとするような表情を描きますよね。

藍澤さんは未来の自分と同じ道を歩もうとしたために消されそうになりますが朝陽や白神さんたちとの思い出を全て消してやり直そうとする未来の自分を藍澤渚とは認められないとその戦いを受けて立って次巻へ続きます。

以前朝陽が未来に行った時に藍澤さんが乗っていた宇宙船に似たものがたくさん浮いていたりしましたがちゃんと伏線があったんですね(笑)藍澤さん編もシリアスが多いですが未来の藍澤さんと獅穂の痴合があったりとちゃんとギャグも入ってます。獅穂の痴女対決とくれば毒蛇のアンナさんを始め獅穂応援団の皆さまも出てきますよね(笑)本編は置いといて中身が入れ替わった積極的な藍澤さんというのも悪くないですね。あのまま外部スーツを奪っちゃえば良かったんじゃ…


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  


実は私は(18) (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店 (2016-08-08)
売り上げランキング: 67
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment