がっこうぐらし! 8巻

51xKC1MngRL.jpg

大学で出会った桐子たちのおかげで束の間の平穏が訪れたゆき達。桐子たちと相談してサークル合宿としてもう一つの行き先候補だったランダル社への捜索を計画します。そんな中、武闘派メンバーの中から感染者が現れてしまい、その原因を穏健派だと結論づけた武闘派たちはゆき達の出発前夜に襲撃をかけます。一方、ワクチンで症状を抑えていたくるみの容態は悪化しつつあって…
ランダル社に行って現状起こっていることの原因を追究…という展開かと思いきや干渉しない協定を結んでいた武闘派が猜疑心から桐子たちに牙を剥きます。高上がいつ発症したかはわかりませんが何となくアヤカが怪しいんですよね~アヤカは今の現状を以前のつまらない日常よりもスリリングに感じていて今の状況をむしろ楽しんでいるようですし。もしかしたら今の小康状態に飽きて事態を引き起こしたのかもしれません。

くるみは薬が切れかかっているのか症状が悪化し始めます。ランダル社に行けばさらに薬が手に入るかもしれなかったのですが武闘派たちの襲撃によって今後どうなるかはわかりません。くるみはすでに人間として認識されないのか襲撃者から身を守るためにゾンビを呼び寄せてもくるみには目もくれずに襲撃者に向かって行きます。まさかこのままフェードアウトということはないですよね。希望があるとすればみーくんが接触した研究者が何らかの対処法を発見しているとか…

るーちゃんの正体は薄々分かってはいたのですが実際に目の当たりにするとつらいですね…ということは桐子たちも分かっていて話を合わせてくれていたことになります。現実逃避があの狂った世界では決して悪いことではないと桐子たちも自分たちの境遇と重ねて理解してくれたのでしょうか。るーちゃんとしてまた登場するか分かりませんがりーさんの精神状態はどうなってしまうか心配です。

武闘派メンバーとの対立も今後どうなっていくんでしょうか。対立というかもう戦争状態なんですけど。すぐに殺さないところを見るとひとまず犯人を探し出すことが目的なんでしょうけどどちらにせよ大学に残るか出ていくかという選択を迫られるのかもしれません。くるみ以外が捕まってしまい残された教室にはぬいぐるみが転がっていただけでした…というところで9巻へと続きます。

シノウのお腹の子とか桐子たちの中にいたスミコという人物などまだまだ隠された事が多そうですがひとまず武闘派との対立をどう解消していくかですね。くるみの存在は武闘派にとっては生かしておけない存在ですし共存というのは難しそうですけど…

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ 


がっこうぐらし!  (8) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
原作:海法 紀光(ニトロプラス) 作画:千葉 サドル
芳文社 (2016-08-10)
売り上げランキング: 26


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment