北斗の拳 イチゴ味 6巻

81IURUMydBL.jpg

サウザー様と愉快な仲間たちの活躍を描く北斗の拳パロディ漫画!今回は南斗DE 5 MENで唯一リボルテック化も愛蔵版の表紙にもなれなかったユダがついに本気を出す!?相変わらず好き放題の羅将ハンに加えて修羅の国からのキャラが続々登場!姉、行徒先生による北斗VSエヴァの世紀末、新世紀対決、シンの外伝も収録された第6巻!
カラーページの北斗昔ばなしからいきなり笑えました。確かに北斗神拳は暗殺拳ですもんね。ラオウの場合は体がデカい上に暗殺という意味を理解してなくて堂々と殺りそうです(笑)トキは周りがちょっとアレなんで賢そうに見えますがよくわかりませんし何よりロン毛とカチューシャということで見送られます。ジャギ様はもう見た目からして悪そうで何だかんだで扱い易いケンが消去法で選ばれたという衝撃の事実が描かれます。

今回はサウザー様のやりたい放題な行動は控えめでユダやレイの活躍?が多かったですかね。シュウがサウザーの行動を抑えていたというのもありますけど。シンは単独で天帝ルイの保護者役になってシンの中のお兄ちゃんが呼び覚まされます(笑)バット似の少年も加わるとケンとお揃いで幸せな日々を送っていて何だか微笑ましいです。ユダは色々と可哀想なキャラですが今回は頑張ってましたね。原作では見れないかつてケンシロウが倒した相手とのバトルはギャグ漫画ながら熱い展開です。レイはイケメンでまともな発言をしているのですがちょっとした事で割を食う事が多いですね。話を聞かないケンに振り回され、リンやバットに突っ込まれてと何かと不憫です(笑)

そして修羅の国からはトランスフォームに定評のあるシャチが登場します。修羅の国編は正直あまり覚えていないのですがアニメでシャチが本当の姿を現したのはなぜか印象に残っています(笑)羅将ハンの童貞発言にも怯まずに自分の愛について語りますがハンとは平行線ですね。シャチもイケメンですが何となく残念な感じのキャラになりそうです。それをただ聞いて待っているラオウは相変わらず気が長いですね(笑)

今回は南斗の面子で一番残念な感じのユダがついに本気を出し始めました。このままケンシロウと対決して上手い事倒されることができるでしょうか(笑)他の面々が目立ち始めるとサウザー様の活躍が少なくなりますがマンネリ化しないためにもいいかもしれませんね。今回は出番がなかったターバンのガキが今度はどんな形で登場するか楽しみです(笑)

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ 

北斗の拳 イチゴ味 6 (ゼノンコミックス)
行徒妹 河田雄志 原哲夫
徳間書店 (2016-09-20)
売り上げランキング: 101

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment