鶯谷ワールドエンド 1巻

5116CnHi9uL.jpg

岡崎顕子、29歳。東京の下町、鶯谷で暮らす彼女は元カレと後輩の結婚式の帰りに獣医の男と出会います。将来への不安から色んな感情が入り混じる日々を送る顕子が再びその獣医の男、木島と再会した時には忘れかけていた恋心が思い出されます。日に日に彼への想いが強くなる顕子…しかし、彼は人には言えない秘密を抱えていて…
「うどんの国の金色毛鞠」の篠丸のどか先生が描くラブホテルを舞台にした恋愛物語です。といってもラブホを頻繁に利用するような話ではなくてそこで飼っているゾウガメの世話をふとした経緯から顕子がすることになります。話自体はシリアスな感じですが所々でほんわかした雰囲気にもさせられますね。

木島と再会した場所がそのラブホテル・ワールドエンドなのですがその状況はいきなりキスをされて部屋に連れ込まれるという普通ではないシチュエーションでした。酷い暴行を受けるわけでもなく、ナイフを突き立てられたもののお金を渡されて関わるなと言われた顕子は将来が不安でどこか澱んでいるような気持ちの自分がミステリアスな彼と関わることで何かが変わるかもしれないという打算込みで彼の姿を追いかけます。それが段々と恋心になっていき…とそのままいけば大人の恋愛ストーリーになりそうですが1巻のラストでは木島から衝撃の告白をされます。それを知って顕子はまだ彼を愛せるのか…という感じで2巻へ続きます。

ポコ達ののんびり緩やかな話とは当然正反対で「花と黒鋼」のようなシリアスとはまた違った大人の世界ですね。ここまでジャンルが違う話を同時に連載しているのが凄いです(笑)恋をすると女は綺麗になるとよく言われますが少し塞ぎがちだった顕子に笑顔が増えていった所で木島の告白…それが例えや間違えではなくて本当のことだったなら…2巻以降の展開がどうなるか楽しみです。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ 


鶯谷ワールドエンド 1 (BUNCH COMICS)
篠丸 のどか
新潮社 (2016-10-08)
売り上げランキング: 6,455
うどんの国の金色毛鞠  8 (BUNCH COMICS)
篠丸 のどか
新潮社 (2016-10-08)
売り上げランキング: 567
花と黒鋼(2) (ヤンマガKCスペシャル)
篠丸 のどか
講談社 (2016-10-06)
売り上げランキング: 2,377
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment