花と黒鋼 2巻

51RmKKyo1gL.jpg

天才博士ルティシアのクローン少女・ルル、日本軍最強のサイボーグ兵士・斉藤。世界で巻き起こる食料戦争が続く中で地図にもレーダーにも映らない隠された島で2人が出会ったことで物語は動き始めます。初めてできた友達にルルにも変化が出てきて…
2巻から少しずつ話が動き始めてきました。これまで軍には秘密でこの島に来ていた斉藤ですがメンテナンスをしている鈴木博士にはお見通しで上層部にもバレてしまいます。斉藤の権限で動かせていたヘリなどは使用できなくなりますがそれでも最後にと鈴木博士がボートを用意してくれるのですが…

斉藤のしている事を理解してくれているような感じだった鈴木博士ですがその正体は現在の日本の食料事情を解決した充填システムを開発した人でした。かつてはクローン技術で食料事情を解決しようとしたルティシア博士と切磋琢磨した間柄でおじじこと柊のことも知っています。食料危機を救った英雄ではありますが一方でルティシアが死んだことでライバルがいなくなったことへの虚無感のようなものがあったようですね。柊が島を隠してまで何を企んでいるのか確かめに来ますがそこでルルがルティシアのクローンだと知って柊の考えている事を読み取ります。

物語の進展がある中で斉藤とルルが餃子を作ったり、風邪で寝込んだりする日常があったり、サイボーグ部隊の戦闘や日常があったりと同じ時代の異なる日常も描かれます。レーションの味にこだわったり、Tシャツ作りをしたりとサイボーグ部隊ですが意外と人間らしい会話が結構好きです(笑)斉藤もそうですが口で食べる時の姿はかなり衝撃的なようですね。

ルルはこれまでは島の外の話を教えられても大人だから知っていて当たり前と気にしてなかったのですが友達の斉藤には知識で負けるのが悔しくて色々と教えてもらおうとします。そんなルルを見ておじじはその心境の変化にわずかな希望を見いだします。

島へ侵入した鈴木博士の手で斉藤はシステムを止められて、さらに大型の機体が現れて…というところで3巻へと続きます。予告を見る限りでは軍というわけではなさそうですが第3の勢力とかでしょうか。島を出て新たな展開になっていきそうですね。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ 


花と黒鋼(2) (ヤンマガKCスペシャル)
篠丸 のどか
講談社 (2016-10-06)
売り上げランキング: 2,702
鶯谷ワールドエンド 1 (BUNCH COMICS)
篠丸 のどか
新潮社 (2016-10-08)
売り上げランキング: 10,158
うどんの国の金色毛鞠  8 (BUNCH COMICS)
篠丸 のどか
新潮社 (2016-10-08)
売り上げランキング: 437
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment