放課後さいころ倶楽部 8巻

71zMG6yUhWL.jpg

アンニュイな雰囲気のこの少女は…?美姫たちが2年生になり、加茂川北高校にも新入生が入学してきます。黒崎奈央はさいころ倶楽部の金城店長と同じアパートでひょんなことからアナログゲームの世界へ足を踏み入れます。しかし、奈央が気になるのは店長の方で…新キャラが登場して新展開の第8巻!
美姫たちは3人、エミーが加わってからは毎回4人の表紙だったのに奈央はいきなり一人で表紙を独占です(笑)今回は奈央と店長、途中で登場する同級生の環菜がほぼメインなので表紙の通りなんですけどね。

奈央は母子家庭だからか店長に父親のような男らしさを感じて預かってもらっている猫を理由にさいころ倶楽部へ遊びに行くようになります。ゲーム自体にはあまり興味はありませんが店長と遊べるということでアナログゲームの世界に入って行きます。普段は気だるげで周りから孤立している奈央ですが店長と話している時は恋する乙女な感じで可愛いですね。

真面目で平穏な生き方を望む環菜は実は大のアナログゲーム好きで奈央とは同じクラスです。さいころ倶楽部で遊んでいた奈央を見かけて話しかけてみようか悩みますが再びさいころ倶楽部で奈央と出会って一緒にゲームをすることになると学校の時とは違う奈央の本当の素顔を見ます。

ラストではエミーのお店で奈央と環菜が遊んでいるとエミーと共に美姫たちが帰ってきて…という感じで新旧?主人公たちが相まみえます。翠は奈央とさいころ倶楽部で会っていて店長との仲を疑われたり、ゲームで奈央を負かしたりと恨みを買っているので次巻ではリベンジ戦が始まりそうですね(笑)これを機会に放課後さいころ倶楽部のメンバーが増えるといいですけど。2人とも美姫たちとはまた違った魅力の女の子ですね。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


放課後さいころ倶楽部 8 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
中道 裕大
小学館 (2016-10-12)
売り上げランキング: 231
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment