狼の口 ヴォルフスムント 8巻(完)

81QcwiQ04FL.jpg

ハインツ達が命がけで攻略し、守ろうとしたカタリーナ城も圧倒的な軍勢のハプスブルク軍によって陥落。さらに反乱軍の残党を追撃するために王弟レオポルドは「モルガルテン」に兵を向ける…敗走する200名弱の反乱軍に対して押し寄せる2千の騎兵と7千の歩兵!怒りと闘志に包まれた山岳の農民兵たちの運命は…!最終幕モルガルテンの戦いがここに描かれる最終巻!
多くの犠牲を払って独立のために戦ってきた山岳森林三邦もひとまず悲願を果たします。もっと大勢の戦死者が出た戦いを描いた作品は多いとは思いますがここまで常に犠牲を払って作戦を遂行していくという描写はあまりないのではないでしょうか。農兵たちも死ぬのは怖いですがそれ以上に支配に対する怒りが死地へ向かう力の原動力となります。英雄ヴォルヘルム・テル(ウィリアム・テル)の息子ヴォルターの言う通り、英雄は1人ではなく戦場にいる全員であり、彼らの犠牲によって成し得た勝利でした。それでも旗頭のヴォルターには未来を託したかったですが…

最終巻といっても終盤までは名も無き農兵と王弟レオポルドたちとの戦いでそれも騎士道とはまったく違う、武装した農兵たちが戦う新しい時代の戦争への移り変わりが描かれています。この辺は「ホークウッド」なんかとも近いですね。

ヴォルフスムント陥落で壮絶な死を遂げたヴォルフラムですが最後に見せ場?もありました(笑)未だにこの作品の紹介には主人公的キャラのヴォルターではなくてヴォルフラムが描かれたりしてますし作者のお気に入りなんでしょうか。

1巻から血も涙もない死に方が多く描かれ、救いの少ない作品でしたが打ち切りの憂き目にあうこともなくほぼ最初の打ち合わせ通りに完結できたそうです。恐らくメジャー雑誌であったら難しいところだと思いますがそこがハルタのいい所ですね(笑)


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


狼の口 8巻 (ビームコミックス)
久慈 光久
KADOKAWA (2016-11-15)
売り上げランキング: 68
ホークウッド (8) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
トミイ 大塚
KADOKAWA/メディアファクトリー (2016-02-23)
売り上げランキング: 24,736
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment