少年ラケット 7巻

81c4xHBpjXL.jpg

練習試合も終わり、休日にヒロに連れ出されたイチロー、轟木、城島は彼の目標、森原中で日本一になるという事を聞かされます。そしてそのためにヒロがコーチを受けている元日本代表・東條星也を紹介されて…。一方、ヨルゲンはレギュラーを決める校内ランク戦が始まります。イチローとの再戦への第一歩として王者・紫王館のレギュラーの座を掴むことはできるのか!

前半は東條星也ことセイさんとイチロー達の特訓、後半はヨルゲンのランク戦が始まるという構成になってます。

セイさんは実は森原中の卓球部OBでヒロは彼にコーチとして指導を受ける一方で反面教師ともしていました。というのもセイさんは中学時代ずば抜けた実力で頭角を現したもののメンバーにも同じことを強いてしまい部員は去って行き卓球部が廃部となってしまったからでした。ヒロはそれを恐れて普段あまり練習には出ずにチームで日本一になれるかメンバーを見定めていました。

まりんは1人蚊帳の外にされていたことに腹を立てますがすぐさま練習着を持ってきて練習に参加してやる気を見せます。打倒・紫王館を目指すならヒロと同等の実力を持つ者が6人いても五分五分というセイさんの練習について行けるかはわかりませんがとりあえずはイチローに追いつく事を目指します。

イチローもセイさんとの特訓やヒロとの再戦で自分に足りないものや成長を感じ取ります。そして場面は変わって紫王館のレギュラーを決めるランク戦へ。一般公開もされているのでイチロー達も見学しに行きますがそこには打倒・紫王館を掲げるライバル達も見受けられます。イチローも楽しみにしているヨルゲンの試合は最後のSクラス昇格チャンスに必死なあまり公式ルールでは使えない補助剤を使用する有馬先輩に押され気味ですが…という感じで次巻へ続きます。

相棒とも言えるラケットに不正をしてまで勝ちにこだわる有馬先輩ですがレベルが高ければ高いほど繊細なコントロールが求められる卓球に慣れていないラケットのためヨルゲンに次第に攻略されていきます。さらにヨルゲンは苦手なサービスの持ち替えを練習で克服してきたのを見て自分の弱さを感じます。8巻の予告では負けるとはいえ最後には良心を取り戻して真摯に立ち向かうという展開になりそうですね。もう出番はなさそうですけど(笑)

3年の修学旅行やテスト勉強など少しは卓球以外の話を挟んでも良さそうなイベントもあったのですが思いの外卓球オンリーの展開です。女子卓球部や宮原さんなどの出番ももっと見たいですけどね~絵柄に反して熱い展開が続きます。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


少年ラケット 7 (少年チャンピオン・コミックス)
掛丸翔
秋田書店 (2016-11-08)
売り上げランキング: 4,150
少年ラケット 6 (少年チャンピオン・コミックス)
掛丸翔
秋田書店 (2016-08-08)
売り上げランキング: 74,207
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment