めしにしましょう 1巻

61MsSVMxgRL.jpg

人気漫画家の广(まだれ)大脳子のアシスタント・青梅川おめがは仕事は早く、優秀ですが料理に関してはやり過ぎてしまうことが多々あります。風呂場でローストビーフを作ったり、生きたすっぽんをさばいたり、スマホ並に分厚いカツ丼を作ったり…とやり過ぎ料理が満載!締め切りに追われる先生のために今日も青梅川さんは締め切りをぶっちしてでも欲望のままに美味いめしを作り、喰らいます!
作者の小林銅蟲先生は同じイブニングで連載している「累」の松浦だるま先生のチーフアシスタントでもあるそうで作中に登場する广先生は松浦先生、青梅川さんは本人がモデルみたいですね。帯には松浦先生本人のコメントも載ってます。

漫画家×料理の漫画というのも最近は少なくありませんがこの作品はかなり手間をかけた料理で下ごしらえの時間に原稿だってできちゃいます(笑)締め切りに追われているのにどっちが優先度が上かはわかってはいるのですが現実逃避もあって料理ができる過程をつい广先生も見学してしまいます。

大抵は食材やら調理方法が難易度高めで難しそうですがチャーハンをパラパラにする方法はタメになりますね。どうしても家庭用のコンロだとベチャっとしてしまいますし。

青梅川さんが脇に抱えている変な壺?も謎です。そこからはマジックハンドやら包丁やらハモやら色んなものが入っていて四次元ポケット的な扱いです。そんなちょっと不思議な話もありつつも料理メインで漫画業界裏話的な事もあったりで楽しめます。1巻ではほぼ仕事場だけの話ですが本誌では外に出た回もあったのでそれは2巻に収録されそうですね。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


めしにしましょう(1) (イブニングKC)
小林 銅蟲
講談社 (2016-11-22)
売り上げランキング: 200
累(9) (イブニングKC)
累(9) (イブニングKC)
posted with amazlet at 16.11.22
松浦 だるま
講談社 (2016-08-23)
売り上げランキング: 13,860
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment