機動戦士ガンダム MSV-R ジョニーライデンの帰還 13巻

A1bMQEImWWL.jpg

舞台は宇宙へ!発射されたサングレ・アスルを確保するためにニカーヤで宇宙に上がったレッドたち。行き先はコンペイトウ、かつて観艦式を核バズーカーで襲撃された宙域に試験の名目でサングレ・アスル捜索を試みます。それを見逃すヴァースキではなく…ネオジオン親衛隊VSキマイラ隊も繰り広げられる第13巻!
ヴァースキ達の乗る複合機はジェガンにナイトイェーガーの装備をつけたものなんですね。この時代だと最新鋭の機体ですし本来の用途に合った装備かもしれませんね。もう少し後ならリゼルのコマンダータイプの方がヴァースキ的には合っていたかもしれません(笑)

戦闘の見どころとしてはネオジオン親衛隊のバウとキマイラのゲルググの対決ですね。カタログスペックならばバウが圧倒しているのでしょうけどキマイラのゲルググも中身はアップグレードしてますし幻獣の名は伊達ではなく相手が最新鋭の機体であっても遅れをとるどころか圧倒します。

そしてヴァースキ達が乗り込んでいるブランリヴァルはジオニックフロントでガンダム6号機を積んでいた戦艦です。アトラクションのガンダム・ザ・ライドでも登場してたみたいですね。そこの艦長とヴァースキの大人な会話がかっこいいですね。さらにそこに所属しているパイロットが何と「ギレン暗殺計画」で登場したフィーリウス!だいぶ成長して体力面の弱点も克服してそうな感じです。ユーマ辺りと対決したら面白そうです。確かアナハイムのテストパイロットを経て最終的にはシャアの反乱に加わったんですよね。そうなるとこちらの話にも大きく絡んでくるんでしょうか…

こうしたちょっとした描写や会話に色々と別作品の要素が含まれているので目が離せません。レッド達の行動はこれからという感じですがレッド、ユーマ、ジャコビアスの小隊の活躍が楽しみですね。シャアもMSを搭載して出向くようですしキマイラ隊も加えて三つ巴、四つ巴の戦いが期待できそうです。

何気にリミアの姉、アマリアも夢の中ですが初登場でしたね。おっとりとして優しそうな人ですが以前レッドが姉に報告すると言ったらリミアがビビっていたように怒らせると恐い人のようです。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 



機動戦士ガンダムMSV‐Rジョニー・ライデンの帰還 (13) (角川コミックス・エース)
Ark Performance 大河原 邦男
KADOKAWA (2016-11-26)
売り上げランキング: 60
機動戦士ガンダムギレン暗殺計画 1 (角川コミックス・エース 83-5)
Ark Performance
角川書店
売り上げランキング: 24,514
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment