あさひなぐ 21巻

71g8ilXWbdL.jpg

インターハイ予選団体戦決勝は10人の戦いで決着がつかずに代表選へ。國陵は不動のエース、寧々が大将戦に続いて出るのに対して二ツ坂は将子に最後を託されて旭が再度コートへ上がる!怪我で欠場した真春が病院から戻ってきた会場で見た光景とは…インターハイ予選団体戦決勝、ついに決着!
1本決まれば即終了という代表戦で寧々と死闘を繰り広げながら薙刀を通して対話をするように試合をする旭。初めは圧倒されながらも次第に迷いがなくなっていき互角の戦いとなっていきます。そうして長く続いた試合もついに終わりを告げ…旭と寧々が語り合うかのように打ちあう展開がいいですよね。寧々も最終的には仲間と共に負けに対して涙を流します。

大会が終わったところで本誌の方では若干間があいてその後連載が再開しました。そこで再び学校の体育祭では部活対抗リレーでそこそこ運動神経がいい生徒が集まる部活としてテニス部と薙刀部の熾烈な4位争いが始まります。軽くキャラ紹介も兼ねてましたね。さくらの相変わらずの腹黒さや薙の意外な一面も描かれます。

怪我で欠場した真春は大会を諦めてリハビリに専念するか、手術はしないで大会に出るかという2択を迫られます。結局関東大会は諦めてリハビリを専念することになりますが普段ちゃらんぽらんな小林先生が医者に食ってかかったり、大事な事を俺だけの前で決めるなと言ったりと意外と教師らしいこともしてます(笑)普段の行いが悪いだけに部員の信頼度は低いですけど。やす子はコーチを辞めてしまいましたがまだくすぶっている部分もあるようなのでまた復帰してくれるでしょうか。

個人戦で関東大会に出場する旭は夏之、小林先生と共に前橋に向かいます。女子部員は1人ということで心細さを感じる旭ですがバスの中で1人で出場する薙刀部員の少女と出会って…という感じで次巻へ続きます。この少女が中々に食わせ者なんですよね~その模様22巻で描かれると思います。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


あさひなぐ 21 (ビッグコミックス)
こざき 亜衣
小学館 (2016-11-30)
売り上げランキング: 365
あさひなぐ 20 (ビッグコミックス)
こざき 亜衣
小学館 (2016-08-30)
売り上げランキング: 8,643
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment