現代魔女の就職事情 3巻

812MJEKy42L.jpg

魔女見習いの禰子は喫茶店でアルバイトをしながらお店の片隅で魔女の魔法で困っている人を助ける仕事をしています。最近は除霊、占い、縁結び…と少しずつ仕事の依頼も来ますがイマイチ上手く魔法で人を救えない禰子は魔女の仕事に対して悩み始めます。そんな禰子に家の事情でやりたい事ができない弥生は苛立ちを覚えて…見習い魔女の青春マジカルストーリー、第3巻!

禰子の場合は魔法云々よりもその使い方だと思うんですよね。占いにしてもピタリと当てることではなくて悩んでいる人の背中を押してあげる程度でいいわけでその辺の魔法の使い方を学ぶために弟子入りするなり、人との関係を学ぶためにも高校くらいはやはり行っといた方がいいような気がします。占いは女子高生が多ければ需要のある仕事だと思いますけどね。

ふとGS美神に登場した魔女の魔鈴さんのセリフを思いだしました。レストランを経営している魔鈴さんは販売用のバレンタインチョコに惚れ薬を入れますが効果はうんと薄めています。使い魔が疑問に思うと「いい魔女はそんなことはしないの」というのでした。実はその惚れ薬は異性から嫌われるという効果で薄めているので周りからは多少冷たくされる程度なのですがその中でもチョコをくれた人は自分に対しての好意に気づいてもらいやすくなるという効果を狙ったものでした。本編で秘伝の惚れ薬を教えようとした禰子に成嶋さんが言っていたように魔術で人の気持ちを変えてもしょうがないということですね。

魔法という特別な才能を持っているのにすぐに諦めようとしている禰子に弥生は苛立ちます。児童小説に出てくる魔女が魔法で料理を作る話が好きだった弥生は魔法は使えなくてもおいしい料理を作りたいと調理師の夢を持ちますが実家の神社を継ぐことを母親から強いられていました。思い通りに生きられない弥生は自分の好きな事をしているのにすぐに諦めようとする禰子につい感情をぶつけてしまうのでした。

結果的には仲直りできましたし除霊の時に描かれた絵のようにケンカするほど仲がいいということですね。禰子は何も考えないで突っ走ってしまう所もありますが失敗して悩みながらも少しずつ成長しているように思えます。弥生はそんな禰子の世話を焼きながらも弱い自分を見せられる仲になれましたかね。これまではまだ弥生の方がまだ壁を作っていた感じですが今回の一件でどのくらい打ち解けられたのか、4巻も楽しみです(笑)

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 



現代魔女の就職事情(3) (電撃コミックスNEXT)
はま
KADOKAWA (2016-12-17)
売り上げランキング: 3,188
現代魔女の就職事情 (2) (電撃コミックスNEXT)
はま
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-05-26)
売り上げランキング: 63,986
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment