サンタクロースの候補生 1巻

91spkBZi8bL.jpg

人付き合いが苦手で派遣の仕事もクビになってしまった柊 すずこは叔父の経営している喫茶店に誘われて田舎町へと移住することに。空港で待ち合わせをしていると代理で迎えに来た高田さんという男性が現れます。サンタの格好をしている彼は公認サンタでその仕事に興味を覚えたすずこは幼い頃にサンタとの思い出もあってサンタの仕事を手伝うようになります。コミュ力低め女子が実在の職業「公認サンタクロース」を目指して奮闘する成長ストーリー、第1巻!

かなりタイムリーな時期の発売となりましたね。狙っているとは思いますけど(笑)テレビなどで何度か見たことはありますが日本にも実際に公認サンタがいてその方が監修をしているようです。具体的にどんな事をしているかというと幼稚園を訪問したり、イベントに呼ばれたりと様々ですが兼業している人がほとんどのようです。大きな報酬があるわけでもなく、交通費なども自腹だったりするために別の仕事を持っていないと厳しいようですね。そんなわけでメルヘンなサンタが登場するお話ではなくて現実に存在する公認サンタを目指す作品です。

すずこは高田さんの仕事を手伝っている中で憧れだけでできる仕事ではないと自覚しますがそれでも自分を変えるために、目の前の人を笑顔にするために失敗しながらも少しずつ積極的になっていきます。以前叔父さんの店でアルバイトをしていて、サンタの仕事も手伝っていた那海(なかい)さんも初めは就職活動のネタという下心もありつつも真面目にサンタの仕事を取り組んでいましたがやればやるほど自分の本心が見透かされているんじゃないかと就職を機に去って行きます。久しぶりに手伝うことになった彼はすずこの不器用ながらも前向きに行動する姿に最初はすぐに投げ出すと思って冷たく接していましたが最後には認めてくれてまた手伝う気になってくれます。

1巻では高田さんの仕事を手伝いながら公認サンタを目指す道が開かれようとしていくすずこですがその道は予告を見ると前途多難なようですね。女性サンタのシーラさんは公認サンタですが体重は何キロなんでしょう…(笑)要件を1つでも満たしていればいいんですかね。公認サンタになるための要件は次巻で明らかになりそうです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


サンタクロースの候補生 1 (芳文社コミックス)
染谷みのる
芳文社 (2016-12-16)
売り上げランキング: 4,347
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment