プロフィール

KON

Author:KON
新刊、既刊コミックの紹介や感想を書いてます。特にこだわりなくジャンルは色々読んでいるつもりですが結構偏ってます。最近は漫画が部屋を圧迫しつつあるので若干抑え気味…のはず(笑)

新刊 PICK UP 2
ランキング参加してます!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ

過去ログ +

2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【34件】
2018年 04月 【32件】
2018年 03月 【44件】
2018年 02月 【27件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【44件】
2017年 11月 【37件】
2017年 10月 【38件】
2017年 09月 【35件】
2017年 08月 【36件】
2017年 07月 【35件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【32件】
2017年 04月 【43件】
2017年 03月 【51件】
2017年 02月 【37件】
2017年 01月 【33件】
2016年 12月 【46件】
2016年 11月 【43件】
2016年 10月 【48件】
2016年 09月 【37件】
2016年 08月 【46件】
2016年 07月 【49件】
2016年 06月 【55件】
2016年 05月 【47件】
2016年 04月 【50件】
2016年 03月 【46件】
2016年 02月 【44件】
2016年 01月 【48件】
2015年 12月 【54件】
2015年 11月 【45件】
2015年 10月 【46件】
2015年 09月 【38件】
2015年 08月 【51件】
2015年 07月 【52件】
2015年 06月 【49件】
2015年 05月 【40件】
2015年 04月 【41件】
2015年 03月 【60件】
2015年 02月 【33件】
2015年 01月 【39件】
2014年 12月 【41件】
2014年 11月 【36件】
2014年 10月 【43件】
2014年 09月 【45件】
2014年 08月 【28件】
2014年 07月 【50件】
2014年 06月 【35件】
2014年 05月 【26件】
2014年 04月 【37件】
2014年 03月 【44件】
2014年 02月 【34件】
2014年 01月 【24件】
2013年 12月 【36件】
2013年 11月 【34件】
2013年 10月 【37件】
2013年 09月 【34件】
2013年 08月 【38件】
2013年 07月 【38件】
2013年 06月 【35件】
2013年 05月 【33件】
2013年 04月 【40件】
2013年 03月 【59件】
2013年 02月 【35件】
2013年 01月 【36件】
2012年 12月 【43件】
2012年 11月 【49件】
2012年 10月 【41件】
2012年 09月 【48件】
2012年 08月 【38件】
2012年 07月 【37件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【37件】
2012年 04月 【38件】
2012年 03月 【43件】
2012年 02月 【23件】
2012年 01月 【35件】
2011年 12月 【45件】
2011年 11月 【31件】
2011年 10月 【40件】
2011年 09月 【31件】
2011年 08月 【24件】
2011年 07月 【27件】
2011年 06月 【27件】
2011年 05月 【22件】
2011年 04月 【27件】
2011年 03月 【21件】
2011年 02月 【15件】
2011年 01月 【23件】
2010年 12月 【20件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【18件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【8件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【13件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【7件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【3件】
2009年 07月 【8件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【16件】
2009年 04月 【6件】
2009年 03月 【1件】
2009年 02月 【6件】
2009年 01月 【1件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【6件】
2008年 10月 【1件】

少年ラケット 8巻

2017/01/09 20:04:49 | 新刊コミック | コメント:0件

51VQZXgquzL.jpg

一般公開もしている王者・紫王館の校内ランク戦を見学するイチローたち森原中卓球部。打倒紫王館を目指すライバル達が見守る中でレギュラー争奪の戦いが始まります。1年生ながらSランク昇格を目指すヨルゲンはSランクに昇格する最後のチャンスに禁止されている補助剤を使った先輩の有馬を繊細なプレーで追い詰めていきます。Sランク同士のハイレベルな試合も始まり、選手も観客もヒートアップしていく中でヨルゲンはレギュラー奪取できるのか!

今回は…というかしばらくは校内戦が続く感じですかね。イチロー達も観客でいるので出番自体はありますがメインはヨルゲン達紫王館の面々です。

有馬は自分がすがっていたプライドを捨てて、今の本当の自分の力をヨルゲンとの対戦で確かめたいと補助剤を使ってないスペアのラケットで挑みます。試合には負けて、補助剤を使ったことも監督に申告してランク戦の棄権を申し出ますがそれは監督に拒否されます。ヨルゲンと戦って彼がSランクに行くだろうという諦めもあっての棄権申し出ですが勝利に真摯たれという監督の言葉により棄権はできませんでしたがその後の試合には勝ってAランク残留を決めます。

以前戦ったビリー達とも出会ってヨルゲン以外にも自分と同じ戦型、しかもトップレベルの選手を見る事も参考になると教えらえます。自称・紫王館マニアの和久津に連れられて同じ反転使いを教えてもらいますがその近くで試合をしていた女子の世界ランク1位のべるなに目を奪われます。トップレベルの動き以外にも失っている記憶に何かひっかかる部分がありそうですが…べるなと対戦していたかりんを見に大和も来ていました。幼馴染のかりんに変な髪型と邪険にされて泣き帰ったりとすっかりギャグキャラになってしまいましたね。登場時は変なキャラの多い桃田西中の中で何にもかぶれていないまともなキャラだったんですけど(笑)

女子Sランクのべるなとかりんの戦いに触発されて帰って特訓をしたいと言い出すイチローですがヒロは強くなるために男子のトップレベルである紫王館エースの最上と2年生レギュラーの源の対決を見るべきだと諭します。打倒最上に燃える源はかつて監督に最上を見過ぎだというアドバイスに戦型を変更して対抗します。レベルの高い選手の突然の戦型変更はスランプに陥る可能性も高く、リスキーな選択かに思われましたが…

校内戦の予選は終わり、AとSランクの入れ替え戦にヨルゲンが挑みます。最上と源の戦いに圧倒されながらも内なる闘志を燃やすヨルゲンはSランクの先輩にまずは1勝します。次なる相手は予選2敗ながらも不敵に笑う策士の佐々木、試合前は体調が悪そうな様子を何度となく見せていましたが…

勝てない相手には決して勝たない、しかし勝てる相手には確実に勝ちにいく佐々木の罠にヨルゲンはハマっていきます。体力を消耗して心が折れそうになった時に再戦を約束したイチローの姿を見つけたヨルゲンの心に再び火がついて…というところで9巻へ続きます。

佐々木は本番でいきなりパワーアップ!なんて非現実的なことは期待せずに本番で確実に自分の力を出すことをモットーとしています。冷静に状況を判断して戦えるとも言えますが監督としては練習では引き出せない本番で高まる力を経てもう一つ上のレベルを目指して欲しいとも考えているようです。特に中学生、高校生など10代は一つの試合で変わったりしますしね。すでにベテラン選手のような戦い方をする佐々木が試合をこなす度に成長するヨルゲンの粘りにどう表情が変わっていくか見ものです。次巻も校内戦が続きそうですね。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


少年ラケット(8)(少年チャンピオン・コミックス)
掛丸 翔
秋田書店 (2017-01-06)
売り上げランキング: 1,617
少年ラケット(7)(少年チャンピオン・コミックス)
掛丸 翔
秋田書店 (2016-11-08)
売り上げランキング: 12,007
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://e110091c1999.blog.fc2.com/tb.php/3674-045fe915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)