火ノ丸相撲 13巻

51H-hIsxefL.jpg

潮が戻った後も快進撃を続けて会場を沸かせるダチ高ですがその前で天王寺率いる鳥取白楼高校が圧倒的な強さを見せつけます。そんな中で沙田たち石高が仮想鳥取白楼高校として潮たちに協力を申し出てくれて…。個人戦決勝トーナメントでは天王寺と久世との国宝同士の対決も始まる13巻!

今回は天王寺以外の鳥取白楼高校メンバーのお披露目となります。正直榎木くんが登場した時はあの髪型はないだろうと思いました(笑)本誌では試合も終わってしまいましたしあの髪型についての説明は今後あるんでしょうか。他のメンバーもほとんど顔見せ程度なので本格的な紹介はダチ高との対戦の時ですね。

ダチ高は鳥取白楼と試合経験がある石高が協力を申し出てくれます。ダチ高を応援したいという気持ちももちろんありますが来年を見据えて白楼の実力を少しでも引き出してもらいたいという自分たちのためでもありました。ギブ アンド テイクとはいえこういう切磋琢磨しあうライバル関係はいいですよね。立ち合いのイメージは金盛、その後は天王寺の普段は見せない戦い方を少しだけ体感した沙田が潮と稽古をします。

その間には個人戦決勝で久世と天王寺の対決が始まります。立ち会った瞬間に久世はその遺伝子が、天王寺はその本能がこれまでの相手とは違うと予感させます。天王寺はこれまで高校横綱として負けない相撲をとってきましたがかつて挑戦者だった時の勝つ相撲を久世にぶつけます。潮は引き出せなかった天王寺の本来の姿ですが一方で久世の全力の姿を誰も見たことがなく、一進一退の戦いの行方は誰にも予想がつきません。しかし、お互いの死力をぶつけた戦いも結末を迎えて…。

天王寺は相撲の神に愛された男と呼ばれていましたが久世はその神が具現化したような戦いでした。試合を見ていた桐仁はどちらが勝っても2人の怪物が生まれると予感しますが個人戦の間に沙田と潮の稽古を見ていた駿海師匠には相撲の神を吹き飛ばす光を見ます。

個人戦が終わって団体戦も準決勝まで進みます。ダチ高の準決勝の相手は鳥取白楼高校!個人戦後も淡々と試合を進める白楼メンバーのように見えますが先鋒で榎木と戦う小関部長にはピリピリした雰囲気を感じ取っていました。立ち合いから迫力が違う榎木に同じ理由で負けられない小関部長も気迫で立ち向かう!という感じで続きます。

いよいよ白楼高校との団体戦が始まりました。火ノ丸相撲は試合自体は長くないのでダレなくていいですよね。次巻ではまだまだ実力不足で場違いな目を容赦なく浴びせられていた蛍の覚悟が見れそうです。

そして番外編では何と水着回!レイナや堀ちゃん、名塚記者の水着姿が拝めます。潮たちはせっかくの砂浜なのに相変わらず相撲してますけど(笑)男子高校生の水着姿に喜ぶかと思った名塚記者ですがまわしよりも露出が少なくテンションは低めです。さらに番外編のおまけでは咲ちゃんのスク水姿が!兄やバトくんには色々言われてますが…本編でもある意味肌色成分多めですがやっぱりこういうのも必要ですね(笑)本編ではなくてもいいですがおまけ漫画ではたまにはサービスがあってもいいと思います。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


火ノ丸相撲 13 (ジャンプコミックス)
川田
集英社 (2017-02-03)
売り上げランキング: 293
火ノ丸相撲 12 (ジャンプコミックス)
川田
集英社 (2016-11-04)
売り上げランキング: 10,343

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment