お前ら全員めんどくさい! 6巻

811hbSG7P2L.jpg

文化祭準備の際に不意に国彦先生に告白してしまった一宮、立ち去る一宮の手を思わず掴んだ先生の返答は…そして文化祭当日、前々から告白予告していた栗原が先生への告白を決行!?クリスマスには国彦先生が勇気を出して小雪先生をクリスマスデート誘って…そこでさらなる波乱も待ちうける第6巻!


立ち去る一宮をそのまま見送るだけかと思いましたがその場でしっかりと返答する国彦先生が男らしいですね。その後も何事もないように見えた一宮でしたが先生と今まで通りの関係でいられることに内心ホッとします。告白したことを気にするなという一宮に対してどんな返答であっても真剣に向き合ってるからこそまったく気にしないことなんてできないと答える先生に平静を装いながらもますます好きになってしまった感じです。

文化祭当日には小雪先生の姪・響ちゃんもやってきました。国彦先生に憧れて?この高校入学を目指してます。文化祭は途中で出会った栗原と一緒に回ったのでちょっと刺激が強かったようですけど(笑)一宮だと塩対応ですし史織はイジ悪そうですし英子だったらよかったかもしれませんね。

後夜祭が始まる前に栗原に呼び出された先生は告白しても無駄だと言いますが栗原は突然服を脱ぎだして…この時点でアウトな感じがしますが見て(のぞき見して)いたのがいつもの3人だったので事なきを得ます。国彦先生は鉄の意志で栗原の誘惑に耐えてますがこれは他の先生は耐えられているんですかね(笑)栗原と一緒について校内を回った響ちゃんいわく国彦先生は3位のようですが…

文化祭が終わってカップル率が増えていることが気になる国彦先生。クリスマスが近づいて栗原に「恋のイルミ」を見に行こうと誘われます。当然断りますが文化祭でいい雰囲気になれた小雪先生を誘ってみることにします。偶然それを聞いてしまった英子は一宮たちにも伝えつつ2人の仲を応援しようとします。栗原は拒否、一宮は興味なさげでしたが焼き芋頬張りながら悪態をつく姿が可愛いですね。結局3人ともついてきちゃいますし。英子は気になって見に行った所を栗原に発見されて小雪先生と合流したのですが一宮はどういう経緯なんでしょうね。やっぱり気になって来ちゃった感じでしょうか。

恋のイルミを見ている時には突然国彦先生の腕を取る女性が現れて「今はどの子と付き合ってるの?」という意味深なセリフで次巻へと続きます。まさか元カノ?もしくは教育実習とかで出会った教え子とか…またしても新たな波紋が生まれそうですね。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


お前ら全員めんどくさい! (6) (メテオCOMICS)
TOBI
ほるぷ出版
売り上げランキング: 143
お前ら全員めんどくさい! (5) (メテオCOMICS)
TOBI
ほるぷ出版
売り上げランキング: 8,966

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment