花と黒鋼 3巻

51cTsvS31QL.jpg

レーダーに映らない島で暮らす天才博士ルティシアのクローン少女・ルル。そこへ日本軍最強と恐れられているサイボーグ部隊の隊長・斉藤が迷い込み2人の交流が始まります。斉藤との出会いがルルにも変化を与え、平穏な日々が続くと思われましたが軍の鈴木博士が斉藤を利用して島へ侵入してきます。充填チップがないルルを見て鈴木博士は柊の思惑に気づきますがそこへ巨大なロボットが現れて…初めて見る島の外の世界やそこで暮らす人々、ルルの心境にも変化が現れる第3巻!

2巻ラストで登場した謎の巨大ロボットはヌッカという女性が乗っていて柊や他の島民とも知り合いでした。まだ詳しくは分かりませんが軍上層部と関わりがあるみたいですね。柊は彼女と取引をしていて外では貴重な生の野菜などと交換に島全体を隠す光学迷彩やクローン研究などを続けていました。柊がヌッカやその組織と組んでルルを育てている事に鈴木博士も興味を持ちます。

ヌッカと一緒に島の外へ出ることになったルルと斉藤ですが外の世界での生活を目の当たりにして島での生活が当たり前だったルルにとっては食べる事を忘れた外の世界は間違っていると言い放ちます。一方で自分ができることは何なのかということを考え始めるのでした。

外に出る事に反対していた柊でしたがヌッカは外の世界を見る事でルルの成長スピードが上がるかもしれないと言って納得させます。結果的にそれは正しかったようです。外の世界で出会った同年代のアサヒとヒナタと仲良くなって食事を知らない2人に料理をごちそうします。一緒に料理をして楽しい時間を過ごす一方で2人が毎日ごはんを食べれるようにするにはどうすればいいのか悩んだりもします。そんな中、島へ戻ろうとするヌッカ達ですが軍の警戒がいつも以上に厳しいことに気づいて…

鈴木博士はヌッカとの取引によって一命をとりとめ、ルルと一緒にいる斉藤の事を軍に黙っていましたが上層部からはすでに監視されていてルル達の住む島も発見されてしまいます。いつもよりも警戒が厳しいことに気づいたヌッカは柊から連絡を受けて島が軍に包囲されていることを聞かされます。島へ戻ろうとするヌッカとルルに柊は戻ってくるなと伝えてきて…というところで次巻へ続きます。

ヌッカの正体はまだ不明ですが軍上層部と関係があるとのことで柊以外にも密かにルティシア博士の支持をしていた人もいたんですかね。とはいえ軍が本気を出してきたのでルルの故郷でもある島と柊達には危機が訪れます。ルルは来るなと言っても聞かなそうですけどヌッカや斉藤がどういう判断をするかですね。斉藤はメンテなしでは動けなくなってしまうでしょうし厳しい現実がルル達に直面しそうです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


花と黒鋼(3) (ヤンマガKCスペシャル)
篠丸 のどか
講談社 (2017-02-20)
売り上げランキング: 8,400
花と黒鋼(2) (ヤンマガKCスペシャル)
篠丸 のどか
講談社 (2016-10-06)
売り上げランキング: 38,234

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment