めしにしましょう 2巻

61MiD1uHtjL.jpg

人気漫画家・广(まだれ)大脳子の元でアシスタントをしている青梅川おめが。仕事ができる優秀なアシスタントですが迫りくる締め切りも気にせずに欲望の赴くままに手の込んだ料理を作っては喰らうのがタマにキズです。今日も广先生の原稿は白いまま、青梅川さんの異常で過剰な料理が作られていきます。

今回登場する料理はイクラの邪道丼、打ち上げられたクジラの解体を見学した後に購入したクジラ肉を使った料理、キノコ・フォアグラ丼、松茸すき焼き的なもの、鴨南蛮そばなどになっています。食材からして色々おかしいですね(笑)なぜか广先生が知らない間に冷蔵庫に入ってたりすることもしばしばです。

料理の工程も時間がかなりかかることも多くて仕事をしようとしない青梅川さんが广先生を悩ませます。この2人の不思議な関係ですが今回はその経緯も明らかになります。漫画家志望の青梅川さんのオフ会に来ていたデビュー前の广先生ですがデビューしたらいきなり大人気作家となってそこのアシスタントになったのでした。

AI付き自動掃除機はどんどん自我が芽生えてきて新人アシスタントの馬場くんに懐いたり、青梅川さん達にツッコミを入れたりと青梅川さんの持っているつぼと同じように不思議な存在と化してきました。

ここに載っているレシピを参考に…というのはちょっとレベルというか手間もかかって大変かもしれませんが丼にすれば大抵はおいしいというのは共感できました。イクラにバターを乗せて食べるというのもやってみたいですけどね~確かに邪道丼かもしれません。味の表現も他の料理漫画とは一風変わっていて面白いですよね。

実は今回掲載分は最新号までなのでカバー裏漫画を描いている時点で次の話ができていないという裏話も…(笑)道理でまだ記憶に新しいと思いました。予告には編集者のガルシアさんについて描いていましたがあとがきに担当が変わったという話もありましたのでガルシアさんも新しい編集さんに変わるかもしれませんね。ガルシアさんも言ってましたが青梅川さんは料理漫画を描けばいいのに…ってこれがそうなんですかね(笑)

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ  


めしにしましょう(2) (イブニングKC)
小林 銅蟲
講談社 (2017-02-23)
売り上げランキング: 256
めしにしましょう(1) (イブニングKC)
小林 銅蟲
講談社 (2016-11-22)
売り上げランキング: 3,752

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment