銃座のウルナ 3巻

81EpniFiWQL.jpg

敵対する蛮族のヅードと密会していたラトフマから衝撃の事実を知らされたウルナ。基地に生還するとそこでヅード殲滅のため戦艦からの艦砲射撃が行われることを聞きます。何が真実なのか思い悩むウルナをよそに軍は戦略上重要ではないはずのこの地に本格的な作戦に乗り出して疑念は増々強まります。そんな中で艦砲射撃が始まり、ウルナの隊も殲滅戦に参加しますが…


隊の中ではウルナだけがヅードが人間だということを知っているかと思いましたがカレットやボウミ隊長も薄々感づいていたようですね。カレットは兵士である以上は実験台だろうとヅードが人間であろうとやることは変わらないとウルナを諭します。お金のために子供を売る家も友軍の死体を弾除けにして生き残る戦場も同じ事で八方塞がりの世の中でどんなドアを開けるか決められるのは自分だけとも…彼女のおかげで迷いはなくなり作戦を迎えますが…

圧倒的な火力に多少の損害は出るもののヅードの殲滅は成功したように思われます。蛮躍と呼ばれるスキージャンプのような儀式もウルナの狙撃で次々と撃ち落とします。1人目を撃ち漏らして海に落ちますがそれが次の伏線へとなりそうですね。上官の話にも以前取り逃がした時にはエコールという街に辿りついて政治宣伝をされたとあって作戦を終えたウルナ達が次の赴任する先もエコールでしたし。

無慈悲なヅード殲滅戦は終了して4巻からは新展開となるようです。といってもその認識票があればヅードのように異形の者に見せられるのですから新たなヅードが生まれるんでしょうか。ウルナはヅードと横たわるように死んでいたラトフマを見て認識票をこっそり外すとそこには手を繋いでいるヅードとラトフマの姿が見えました。ボウミ隊長に見つかり今なら不問にすると言われますが何体ものヅードの蛮躍を撃ち落とした功労者ということ以外にも自分も薄々感じていたように見えます。ラトフマとはいい仲だったようですし。真実を知りつつ、カレットを失ったウルナはどんなドアを開けるのか今後の展開が楽しみです。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


銃座のウルナ 3 (ビームコミックス)
伊図透
KADOKAWA (2017-02-25)
売り上げランキング: 2,175
銃座のウルナ 2 (ビームコミックス)
伊図透
KADOKAWA/エンターブレイン (2016-08-25)
売り上げランキング: 19,690

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment