ななかさんの印税生活入門 1巻

81p29rmGHYL.jpg

両親が漫画家で放置気味に育てられた中学生のななかはweb小説で親よりも印税収入を稼ぐことを目指します。今流行っているラノベやweb小説の傾向を分析して自分の作品に反映させようとしますが乱立されたジャンルの中に割って入るのは簡単ではなくて…夢の印税生活への必勝法!それがこの漫画で学べる…かも?
幼い頃から両親が作風の違いなどでケンカしたり、育児そっちのけで仕事してたりして育ったので両親を見返そうとして小説家を目指します。親から直接もらったものは大切に取ってあったり、父母ともに暇な時はななかにちょっかいを出しに来たりと親子の仲は別に悪いわけではなさそうですね。

多少特殊な環境で育ったななかはちょっとひねくれ気味ですがまともに育ったのは幼馴染のみきがいたおかげかもしれません。みきの家族は幼い頃からななかの面倒を見ていてくれたようでみきは未だにななかの保護者的立場です。美術室で出会った同級生のまいは2人のちょっとした百合っぽさが大好物のようですね(笑)1人だけの美術部員ながら様々な絵を描いているまいにはななかが書こうとしている小説の絵をお願いします。

ラノベもweb小説もほとんど読んだことがないのでタイトルを見る程度ですが作中でも指摘している通りやたらと妹が出てくるのは感じています(笑)あとはもうだいぶ前からの定番となってますがやたらと長いタイトルとか…正直その長いタイトルを見るだけで読む気を失う気がするのですが…最近の流行りといえばやっぱり異世界ですよね。あとは転生とか。異世界でお店を開くなんてのもよく見る気がします。そうしたラノベなどをななかが独特な分析をしてみきやまいに話しながら自分の作品に生かそうとします。

流行のジャンルをなぞりつつも創作に行き詰るななかですが母親のアドバイスによってアイデアが溢れ出してきてついに1本作り上げることができました。寝ぼけて作品を投稿サイトに投稿してしまいますがすでに1作以上作っている作家からも反応があって…というところで続きます。その作家が実は生徒会のやる気のない会長だったりします。会長は今後ななか達と関わってくるんでしょうか。生徒会のひとみは従姉妹でもある永山先生が美術部の顧問なのでまいを敵対視してやたらと絡んできますけど。そういえばやたら権力のある生徒会というのもラノベに限らず漫画などでも定番ですね(笑)

主人公のななかは「ほうかご!ひらり別冊アンソロジー」に掲載されていた文芸部の女の子が元でしょうか。キャラの構成的には「※生徒会がおいしくいただきました」が近い気もしますけど。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


ななかさんの印税生活入門 (1) (まんがタイムKRコミックス)
kashmir
芳文社 (2017-02-27)
売り上げランキング: 911
ぱらのま 1
ぱらのま 1
posted with amazlet at 17.02.27
kashmir
白泉社
売り上げランキング: 2,315
ゆせそま。 (1) (電撃コミックスEX)
kashmir
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-06-24)
売り上げランキング: 52,982

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment