機動戦士ガンダム 0083 REBELLION 8巻

A1k8WMnUARL.jpg

月面で1号機と4号機のトライアル中にケリィのヴァルヴァロが乱入し、4号機を撃墜、コウはケリィを止めようとしますがガトーの2号機が現れケリィをデラーズ・フリートに迎え月面からの脱出を許します。再びガトーの足取りを追って暗礁宙域に乗り出すアルビオンにコンペイトウでの観艦式を強行しようとするワイアット大将から任務の協力として人員とMSの補充を受けて2号機捜索の任務に当たります。一方ニナは過去に出会ったガトーの正体を知り、アルビオンには乗らずにデラーズ・フリートの艦隊へ向かいますが…

表紙を見た時に一瞬パトレイバーのヘルダイバーが参戦したかと思いました(笑)その正体は夏元先生がゲームをコミカライズした「機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081 -水天の涙-」に登場するジーラインのカスタム機でした。ジムはガンダムの量産機とはいえスペックを落とした安価版といえますがジーラインはガンダムと同等かそれ以上を目指した完全量産型のMSです。見た目はジムですが中身はガンダムという夢のような機体ですね(笑)まぁ、ジムスナイパーⅡとかもスペック的にはガンダムみたいなものですけど。

そんな頼もしい味方が来てくれたかと思いきやワイアット大将からの協力ということで当然色々と裏があったりします。デラーズと組みつつ、裏で暗躍しているシーマが絡んできますがそのジーライン部隊の中にもかつてシーマ達と戦った海兵隊のメンバー、ゲールが紛れています。

一方ニナは月でガンダム2号機に乗っていたパイロットがガトーだと知るとコウ達と共にアルビオンには乗らずにデラーズ・フリートと関係があると思われるオサリバン常務と接触してガトーの後を追います。まさかこのまま星の屑作戦までガトーと一緒なんですかね。1号機はモーラに引き継いだりとガンダムに対する病的な愛着はアニメ版よりは薄れてるきがします(笑)ガトーを追ったのも過去に忽然と姿を消した理由を問いただしに行くなどウラキよりもまだガトーへの想いが強いことがうかがえます。これでまさかしれっとアルビオンに戻ってくるなんてことはないですよねぇ…

アニメに準拠しつつ過去の作品ともクロスオーバーしていて懐かしくも新鮮な感じで読めます。ガトーとケリィが再び一緒に戦うというのも夢に見た場面ですね。まさかジーラインが出てくるとは思いませんでしたが(笑)ジムカスタムにもフルバーニアンのビームライフルについている十手のような装備やグレネードなど現地改修してより戦場らしさがでています。コウはフルバーニアンを乗りこなせるようになってきてバニング大尉を訓練でついに撃墜できましたが…そうなると悲しい別れも来るんですよね。それはまた次巻以降になりそうです。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


機動戦士ガンダム0083 REBELLION (8) (角川コミックス・エース)
夏元 雅人 今西 隆志 サンライズ
KADOKAWA (2017-02-25)
売り上げランキング: 464
機動戦士ガンダム0083 REBELLION (7) (カドカワコミックス・エース)
夏元 雅人
KADOKAWA/角川書店 (2016-08-20)
売り上げランキング: 13,019

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment