機動戦士ガンダムUC バンデシネ 17巻(完)

A1rz8PPekQL.jpg

ラプラスの箱を前に立ち塞がるフル・フロンタルのネオ・ジオング。バナージのユニコーンとリディのバンシィは共闘して最終決戦へと立ち向かいます。サイコ・フレームの共鳴により刻の終わりを見みせられたバナージはそれでも人類の可能性を捨てられずにいられるのか!そして、戦いの裏ではコロニーレーザーの発射準備が進められていて…ラプラスの箱を巡る戦いもついに終わりを迎える最終巻!
1巻からアニメ版に準拠しつつ、オリジナルストーリーなども組み込まれたガンダムUCのコミカライズもついに完結です。ラストは大幅な変更はありませんでしたがこれまでの宇宙世紀の戦いをバナージが見た時にZZやZも含まれていましたね。そして、ニュータイプになれない人類に過度な期待を持たせるべきではないというフル・フロンタルの言葉に自分を見失いそうになるバナージをカーディアスやマリーダ、ダグザ隊長、ロニやギルボアの意思が彼を支えるシーンも追加されてます。この辺はZガンダムが死者の思念を反映させたシーンみたいでしたね。

フル・フロンタルを撃退したと思ったら地球ではマーサとマーセナス首相が手を組んでコロニーレーザーによる箱の証拠隠滅を図ろうとします。ブライトの説得にも応じず、発射キーを回すマーセナスですがアルベルトからリディがバンシィのパイロットとしてそこにいると聞かされます。コロニーレーザーは臨界に達していて止めることができずにカウントダウンを眺めることしかできませんが発射後にメガラニカからミネバの演説が全周波数に合わせて放送され始めます。

アニメ版ではトライスターもラーカイラムと一緒に地上に降りてしまったのがちょっと残念でしたね。その代りワッツが戦死しないのですがコロニーレーザーの攻撃をサイコ・フィールドで守ろうとするバナージ達の手伝いにメガラニカにあったサイコフレームを周辺に張り巡らせるなど最後まで出番があったんですけど。漫画版ではシナンジュとの戦いが再現されたのでその点はよかったです(笑)

ラストもほぼアニメ版と同じですがオードリーの前にマリーダが現れて引っ張っていくシーンが追加されていてよかったと思います。色々とオリジナル展開もあって結果的には原作アニメが終了してからもしばらく連載が続いてましたね(笑)その間にテレビシリーズも始まったりしましたがこれでUC関連作品は本当に終わりですかね。「戦後の戦争」や「不死鳥狩り」なんかもコミカライズしてもいいと思いますけどね。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ 


機動戦士ガンダムUC バンデシネ (17) (角川コミックス・エース)
福井 晴敏 大森 倖三 安彦 良和 カトキ ハジメ
KADOKAWA (2017-02-25)
売り上げランキング: 560
機動戦士ガンダムUC (11) 不死鳥狩り (角川コミックス・エース 189-13)
福井 晴敏
KADOKAWA/角川書店 (2016-03-23)
売り上げランキング: 24,139
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment